ルミガンの効果やより高い効果を得るための方法を記載しています。まつ毛育毛の作用機序も説明していますので参考にしてみてください。

美容の悩みを通販で改善

ルミガンがまつ毛育毛に効果を発揮するワケ

ルミガンがまつ毛育毛に効果を発揮するワケ

元々ルミガンは緑内障の治療薬として使われていましたが、副作用としてまつ毛が伸びると話題になり、今ではまつ毛を伸ばすためにルミガンを使用する方が大勢います。ルミガンの臨床実験では12週間の試験で約80%の方が効果を実感出来たと報告があります。ではルミガンを使用することでなぜまつ毛が伸びるのでしょうか。

まずルミガンというのはビマトプロストという成分を主成分に使用しています。このビマトプロストは毛包と呼ばれる毛根を包み込んでいる組織にあるプロスタミドプロスタミドαF2受容体に対して働きかけ活性化させます。そして成長を促す効果があるのです。

まつ毛にも髪の毛と同じようにヘアサイクルというのがあり、成長期→退行期→休止期があります。まつ毛が成長するのが成長期で退行期には成長が止まった状態になります。休止期はそのままの状態を維持しながら抜けていきます。

ルミガンの成分であるビマトプロストが毛包に作用し、このヘアサイクルの成長期の期間を延長してくれるのです。そのため長く、太く、濃いまつ毛へと成長させてくれるのです。ビマトプロストは成長期を延長させる効果なため、まつ毛の本数を増やす効果というのはありません。そのため発毛可能な毛包が残っているというのがこのルミガンの作用条件といっても良いでしょう。

ルミガンの効果をより高く得るには

ルミガンは継続的に塗っていけばしっかり効果の出るまつ毛育毛剤です。塗るタイミングや塗り方などで普通よりも高い効果を得ることが可能です。

肌をキレイにする

ルミガン使用の前により高い効果を得るためにまぶたやまつ毛はキレイにしておきましょう。まぶたやまつ毛をキレイにしておくことでルミガンの薬液を100%浸透させることが出来ます。メイクをシている状態であればメイクをとり、コンタクトレンズを着けている場合はコンタクトレンズをとるようにしましょう。キレイにしておくことで副作用のリスクをかなり減らすことができます。

専用のアプリケーターを使用する

ルミガンの専用アプリケーターはアイラインを引く時に使用されるアイライナーブラシと似たようなものです。女性の方ならメイクの時などに使ったこともあるので使いやすいかと思います。ではなぜルミガン専用のアプリケーターが良いのでしょうか。それは清潔で効果的に塗ることが出来るためです。

ルミガン専用となっているのでルミガンを使用するために作られたものです。代用品としてまつ毛のブラシや綿棒を使うのも良いですが、より一層キレイに、効果を高めるにはルミガン専用のアプリケーターを使用したほうが良いでしょう。

また、このアプリケーターは使い捨てタイプとなっています。まぶたというのは他の皮膚とは違いかなり薄くデリケートな部分です。そのため、清潔に保たないと感染症を引き起こしてしまったりします。アプリケーターは使い捨てタイプとなっているため、清潔な状態のものを使用することが出来ます。

また、綿棒でも代用出来ると書きましたが、あまりおすすめはしません。綿棒の場合は薬液が吸収され、十分な効果を得ることができなくなってしまうのです。

ルミガン専用のアプリケーターというのはそこまで高いものではないのでルミガンと一緒に購入しておくと良いでしょう。

22時~26時の間に塗る

上記でも少しお話しましたが、22時~26時の時間帯は発毛サイクルが活発になる時間帯です。この時間帯にルミガンを使用することで何倍も高い効果を得ることが可能です。これはまつ毛に限った話ではなく、髪の毛などの発毛サイクルでも同じ事が言えます。

ルミガンで効果が出ない

ルミガンは高い効果を持っている薬ですが、全員が全員しっかり効果が出るというわけではありません。使用した方の8割が効果を実感していると結果が出ていますが、逆に言えば2割の方は効果を実感できないということになります。いくつか考えられる原因がありますので説明していきます。

まつ毛の毛根が機能停止

まず1つの原因としては、まつ毛の毛根がもう機能していないということです。まつ毛を伸ばそうとしても毛根が機能していないため何をやっても意味がありません。ですが自分で毛根の機能が止まっているとは思いもせず、ルミガンを使用しているため、ルミガンは効果がないと感じてしまいます。このような状態になってしまったら植毛をするなりしなければまつ毛が伸びることはありません。

使い方が間違っている

2つ目の原因としては使い方が間違っているという事です。説明も何もみず間違った使い方をしていると効果は出ないどころか副作用があらわれてしまう危険性があります。よくある間違った使い方としてはルミガンを毛根ではなく、まつ毛に塗っている事です。ルミガンをまつ毛に塗っても意味がありません。正しい使い方というのはまつ毛の根元に塗ることです。根本となると毛根です。

また、専用のアプリケーターではなく綿棒やその他を代用品として使っていると効果が実感できないかもしれません。綿棒の場合は薬剤が吸収されてしまうため効果がかなり半減されてしまいます。今まで間違った使い方をしていた方は一度専用のアプリケーターにしてしっかり根本を塗って試してみましょう。今度は少しずつまつ毛が伸びてくるかもしれません。

使用期間が短い

3つ目の原因としてはルミガンの使用期間が短いということです。ルミガンは継続し続けないと効果があらわれません。たった1週間程度で全然効果を実感できないとなっても、それは当たり前の事です。効果を実感するためには4ヶ月の期間が必要となってきます。

また、ルミガンを毎日ではなくたまにしか塗らないというのもほとんど効果を実感できません。毎日塗っていれば4ヶ月で効果を実感できたところを、たまにしか塗らないので半年以上かかるなんて事もあります。ルミガンを両まつげに塗るというのはそこまで時間のかかるものではありません。効果を実感するためには毎日ルミガンを4ヶ月以上使用し続けるようにすれば大丈夫です。

ルミガンはこんな人におすすめ

ルミガンは簡単に使用することが出来て高い効果も発揮します。そのため、まつ毛にコンプレックスを持っている方にはとてもおすすめです。まつ毛が短い、細いという方はルミガンを使用しまつ毛を美しくみせましょう。まつ毛が長いか短いかで印象というのはかなり変わります。ぱっちりした目にするためにもまつ毛を長く、太く、濃くすることでメイクをしない状態でも美しい状態になれます。また、サロンに通う必要性も皆無で自宅にいながら簡単にできます。3ヶ月程度使用することでハッキリと違いが分かると思うのでまつ毛を伸ばしたいという方には是非ともおすすめします。

ルミガンのご購入はこちら