ルミガンの副作用を紹介しています。ルミガンは正しい使い方をしなければ思わぬ副作用が発症する恐れがありますので注意してください。

美容の悩みを通販で改善

ルミガンの副作用

ルミガンの副作用

ルミガンの副作用での報告というのはあまりありません。ですが、稀に体質的に合わなかったり、使い方を間違ってしまうと副作用が発症してしまうという方がいます。もし副作用が強く感じてしまった場合は田立に使用を中断し、早めに受診するようにしてください。

ルミガンで充血が起きる

ルミガンを使用した時に一番起こる副作用というのは目の充血です。ただし皆が皆発症するというわけでもありません。使用した方のうち4%程です。目にアレルギーがあったり、乾燥がひどい、目を駆使する仕事をしている人などはルミガンを使用することで乾燥したり充血しやすい傾向にあります。ただし充血は長引くわけではありません。大抵の場合はすぐに落ち着いてきます。もし長引いて症状が引かないという場合はすぐに使用を中断し、受診するようにしてください。また、薬剤が目に入って充血してしまうという事もありますので、必ずルミガンは大量に塗るといったことはしないようにしましょう。

ルミガンで起こるかゆみ

ルミガンを使用し薬剤が垂れてしまう事でその垂れてしまった部分がかゆくなってしまうという事があります。ですが時間が経つことでかゆみというのは治まります。再度ルミガンを使用した際にまたかゆみが起きてしまうこともありますが、一定期間使用していくことで身体がルミガンに慣れ、かゆみもなくなっていきます。もしもかゆみが治まらないという場合は、ルミガンの使用をすぐに中断し、病院へ行き専門の医師へ相談するようにしましょう。

ルミガンによる色素沈着

ルミガンの副作用として話題に挙がるのはこの色素沈着です。ルミガンの液剤が肌に付着してまぶたや目尻といった部分にシミを作ってしまう事があります。といっても一時的なものです。放置しておけば数ヶ月で直ります。美白クリームなどを使った際にはもっと早く治りますね。ただ、毎回色素沈着が起きると言うわけではありません。まず、正しい使い方をすれば副作用は起こる危険性もないのです。副作用が酷いという方のほとんどは大量にルミガンを使っているという印象を受けます。1滴でいいところを5滴も塗ったりと、自己流で使ってしまうと効果は変わらず副作用のリスクが増える一方です。しっかりと正しい使い方を行う事でルミガンの副作用というのは簡単に防げます。もしルミガンを使用した際に液剤が垂れてきたならティッシュなどで拭き取ってあげる事で色素沈着のリスクは少なくなります。

ルミガンで二重になる

ルミガンの副作用によって目や皮膚がかゆくなるとったことがあります。ですが、これはある程度ルミガンを使用していれば身体が慣れるので大丈夫になります。その他にもまぶたが二重になるといった副作用が報告されています。

理由としてはルミガンを使用して目に薬剤が入ることで眼圧が下がり、まぶたにゆとりが出るようになって二重になるそうです。一重の方にとっては嬉しい事かもしれないですが、二重の方の場合は同じ原理で三重になる可能性もあるそうです。ルミガンは元々緑内障の治療薬なので、目に入ってもそこまで支障はありませんが、二重になりたいからといってわざと目に入れるような事はしないようにしてください。

ルミガンの正しい使い方

ルミガンの使い方

ルミガンの使い方というのは至って簡単です。まつ毛の根元にアイラインのようにするだけです。男性でまつげを伸ばしたいという方の場合は最初は手こずってしまうかもしれないですが、女性の場合はメイクの時と同じ感覚でルミガンを塗っていけば大丈夫です。

ルミガンを塗る時は専用のアプリケーターを使うと大変便利ですが、まつ毛のブラシや綿棒などを代用品として使うのもアリです。また、ルミガンを使用する際はコンタクトレンズは外してから使用するようにしてください。ルミガンを使用し15分程度経ってからなら着用しても大丈夫です。塗る量は右左両方とも1滴ずつです。それ以上塗ってしまうと副作用を招いてしまう危険性がありますので注意してください。

ルミガンの実際の塗り方は下記の動画を参考にしてください。

塗るタイミングというのは就寝前に使用したほうが下のまつ毛にも浸透しやすくなっているので同時に高い効果を得ることができます。さらに、22時~26時までの時間帯というのは発毛のサイクルが活発になる時間帯です。この時間帯にルミガンを塗ることでさらに高い効果を得ることが出来ます。

ルミガンを使用した際に目に入ったとしても元々は緑内障の治療薬なのでそこまであわてなくて大丈夫です。ただし、多くの量が入ってしまうと副作用も出てしまう危険性があります。また、多く塗って目には入らなくとも皮膚に垂れてしまうと色素沈着といった事になりかねませんので、塗る時は少量にしましょう。少し多く塗ってしまった場合は動画のようにティッシュなどで拭き取りましょう。

先程も書いたようにルミガンは少量でちゃんと効果を発揮します。大量に塗ったところでさらに高い効果を得るというのはできません。毎日継続して塗り続ける事が一番重要となってきます。実際に効果が出るのは1ヶ月程度です。多くの方が1ヶ月塗り続けたら効果を実感できたと報告があります。長い時間をかけてじっくりとまつ毛を育てていくと考えましょう。

ルミガンのご購入はこちら

ルミガンを使用出来ない人

ルミガンは高い効果で使用した方の8割が効果を実感出来たと言われるまつ毛育毛剤です。正しい使い方を守ることで副作用のリスクもかなり減らす事ができます。ですが、ルミガンを使用した場合危険と言われる人もいますので自分が大丈夫かどうか調べてからルミガンを使用するようにしましょう。また、ルミガンだけではなくケアプロストやビマトアイドロップも同様です。

目の周りに傷がある人

目やまぶたの周りに傷があったり、炎症、腫れなどある人はルミガンを使用することはできません。ルミガンは元々緑内障の治療薬で、ただの目薬ではないのです。傷がある部分に薬剤が入るとその傷をさらに悪化させてしまう可能性もあります。そのため傷や炎症といったことがあっても大丈夫と自己判断で使用しないようにしてください。

妊婦、妊娠している可能性がある人

妊婦、妊娠している可能性があるという人もルミガンを使用してはいけません。実はルミガンに含まれているビマトプロストというのは胎児に影響を与える可能性というのが高いと言われています。ですが、どんな影響があるのかと言われるとそれは確認がとれていません。はっきりとした影響がみられないのです。

これは使用したことでそこまで影響がないという事ではなく、妊婦や妊娠している可能性のある人で実験することができていないからです。ですが、ルミガンを妊娠しているマウスに使用する実験をしたところ流産がみられました。

また、他の実験でもルミガンに含まれている成分ビマトプロストが母乳から確認されています。マウス実験というのは人間に実験する前に行われる事が多いです。理由としてはマウス実験で起きた結果は人間にも当てはまることが多いためです。

妊娠週は胎盤、出産後の場合は母乳を通して赤ちゃんにビマトプロストが流れる可能性というのがとても高いと言えます。そのため妊婦、妊娠している可能性がある人は必ずルミガンを使用しないようにしましょう。

ルミガンのご購入はこちら