ラティースというまつ毛育毛剤は成分がビマトプロストなので効果には期待できます。同一の効果を安く得る方法もあります。

美容の悩みを通販で改善

ラティースの効果

ラティースの効果

ラティースというまつ毛育毛剤は元々緑内障の治療薬として開発されていました。ですが、副作用でまつ毛が伸びたと発見され、現在ではまつ毛育毛剤として多くの方に利用されています。

実際に、アメリカのFDAではまつ毛育毛剤として認可がおりています。FDAというのは日本で言う厚生労働省です。ですが、日本国内では緑内障の治療薬としてのみ認可がおりている状態なので、ラティースを美容目的で購入しようとしたら保険適用外となり値段がかなり高くなってしまいます。

ラティースに含まれている成分というのはビマトプロストです。このビマトプロストというのはまつ毛育毛剤には必須と言っても過言ではないくらい使用されているものとなっています。

まつ毛育毛剤としては有名なルミガンにはもちろん、ジェネリックであるケアプロストビマトアイドロップ、日本で唯一認可がおりているグラッシュビスタにビマトプロストは含まれています。

効果としてはとても高く、塗るだけでまつ毛が長く、濃く、太く成長します。ではなぜこんなにも簡単にまつ毛が成長するのでしょうか。

まつ毛にはヘアサイクルというものがあり、その中でも成長期、退行期、休止期の3つがあります。この中で最も重要なのは成長期です。成長期とはその名の通り、まつ毛が成長する期間です。

この期間に含まれているまつ毛は永遠に成長し続けます。ですが、やがて成長が止まり、抜ける準備をする退行期に移行します。そこから抜ける準備が整い、休止期となり抜けていくのです。基本的に抜け落ちるまつ毛は全て休止期のものです。

まつ毛1本1本にこのヘアサイクルというのがあり、ラティースは塗ることでヘアサイクルの成長期を延長させる効果があるのです。成長期が延長するということはまつ毛が成長が今までよりも長い期間で行われるということです。

そのため、簡単にまつ毛が長く、濃く、太く成長するのです。ただし、注意してほしいのがまつ毛を伸ばすという効果なので、発毛可能な毛包が残っていなければ効果を期待できません。

つまり、何らかの行為によってまつ毛の毛根が機能していないのであれば、ラティースを使用したところでまつ毛が伸びることも生えることもありません。あくまでもまつ毛を伸ばすための薬となっているため、元々が機能していない状態であれば使用しても無駄になってしまいます。

もしも、そのよな状態だった場合はまつ毛の植毛を考えましょう。

効果をより高める方法

ラティースはそのまま塗るだけでも十分に効果を期待できますが、さらに効果を高めるための方法というのがあります。誰でも簡単に行う事ができるので、試してみましょう。

アプリケーターの使用

アプリケーターというのはアイライナーブラシのようなもので、まつ毛育毛剤を塗るために考えられたものです。ラティースを塗る際は正直アプリケーターでなくても綿棒などでも代用することができます。ですが、綿棒の場合はラティースの液剤を吸収してしまうため、塗る時にはラティースの100%の効果を期待出来ないのです。

アプリケーターというのはラティースの効果を100%引き出すことができ、さらに副作用のリスクをかなり減らすことが出来るのです。まぶたというのは他の皮膚とは違いとてもデリケートになっています。そのため、清潔に保たなければ感染症などを引き起こしてしまう危険性があるのです。

アプリケーターは全て使い捨てとなっており、片目で1本、両目塗る場合は2本となります。また、まつ毛育毛剤としてのアプリケーターなのでどれよりもキレイに塗ることができるのです。

アプリケーターというのはまず高くはないので、効果を高めたり副作用のリスクを減らしたりするために、ここはケチらずに購入しておくことをおすすめします。

まぶたをキレイにしておく

まぶたというのは先程も少し説明した通り、他の皮膚に比べてかなりデリケートと言えます。まぶたをキレイにしておくというのは副作用のリスクを減らすだけではなく、効果をさらに高めることが出来るのです。

メイクしている状態であればメイクを落としてからラティースを使用しましょう。また、メイクを落とした後に使用する場合は落とした直後ではなく、数分置いてから使用するようにしてください。

キレイにするのは良いですが、水分などがまぶたにあると液剤と混ざってしまい、効果が半減してしまう可能性があります。

また、コンタクトレンズを着用している場合は必ずとってから塗るようにしましょう。付けたまま使用してしまうと副作用のリスクを上げてしまう事となりますので注意してください。

シンデレラタイムに塗る

シンデレラタイムというのは誰もが1度聞いたことはあるのではないでしょうか。女性にとってはとても重要な時間となります。22時~26時の間の事です。この時間帯というのは発毛サイクルが最も活発になる時間帯とされており、このシンデレラタイムにラティースを塗ることでさらなる効果が期待出来るのです。いつ塗ればいいのか分からないという方はこの時間帯に塗ることを習慣付ける事でまつ毛も早く伸びることでしょう。

ラティースの効果を安く得る方法

ラティースというのはまつ毛育毛剤としてアメリカでは認可されていますが、日本国内では認可されていません。そのため、クリニックなどで購入するとなると保険適用外となりかなり値段が高くなってしまうのです。

最低でも10,000円はしてしまうでしょう。平均金額としては15,000円程度です。1本で1ヶ月分だとしたら1ヶ月に15,000円、1年であれば180,000円となります。このような値段設定となっているため、ラティースが欲しくても中々手を出せないという方は多いと思います。

ですが、ラティースと同じ効果をかなり安く購入することが出来るのです。それがルミガンです。ルミガンはラティースと同じく成分がビマトプロストです。効果や副作用、使い方としては一切変わりはありません。

また、ルミガンはクリニックでも購入できますが、それも6,000円と少し高いです。これでもラティースの半額となっていますが、通販でルミガンを購入する場合は1,520円で購入することが出来るのです。

クリニックに行かず、ただ通販で購入するだけでこれだけの値段の差があるのです。偽物じゃない?と感じる方もいるかもしれないですが、それは絶対にありません。しっかりメーカー正規品となっているので安心です。もし不安であればその通販サイトの口コミを見てみると良いでしょう。

実際に購入した方のリアルな意見となっているので参考になるかと思います。クリニックでラティースを購入と通販でルミガンを購入で値段が10倍も違うのです。それならルミガンを通販で購入したほうがとても経済的と言えますね。

また、ルミガンのジェネリックであるケアプロストやビマトアイドロップならばさらに安く購入することができるので、「ラティースがほしいけど中々手が出ない」という方は1度通販サイトに目を通してみると良いかもしれません。

ルミガンのご購入はこちら