ラティースの副作用のリスクを減らすには正しい使い方を守ることです。副作用を出さないためにも注意して使用しましょう。

美容の悩みを通販で改善

ラティースの副作用

ラティースの副作用

ラティースは副作用も少なく安心して使用することの出来るまつ毛育毛剤です。ただし使い方を間違えてしまうとまつ毛を伸ばすことはおろか、危険な副作用が出てしまう可能性があるので注意してください。必ずラティースを使用する際は副作用の事を頭に入れておいてから使用してください。もし副作用が発症し、時間がたっても治まらない場合はすぐにラティースの使用を辞め、医師へ相談するようにしましょう。

目のかゆみ

ラティースを使用しているとすぐにあらわれて来る症状が目のかゆみです。ですが、これはすぐに治るような症状となっており、重大な副作用というわけではありません。ラティースを使用しはじめて1週間~2週間くらいは目のかゆみが出てしまうかもしれませんが、すぐに治まるものなので心配する必要はありません。もしかゆみがずっと続くようであればラティースの使用を中断し、医師へ相談するようにしましょう。

充血

ラティースを使用した方の約4%が発症したと報告のある副作用が目の充血です。基本的にすぐに治まるのであればそこまで心配する必要はないですが、もし治まらないのであればすぐにラティースの使用を中断し、医師へ相談するようにしましょう。

ラティースで目の色が変わる

ラティースで目の色が変わってしまうと噂があります。一部では虹彩と呼ばれる黒目の部分の色が濃くなってしまい、もとに戻らないとも言われています。このような症状は緑内障の治療や眼圧上昇の時に目に直接薬剤を投与した患者に起こることがある症状です。

ですがラティースの医学試験では一切報告されていない副作用となっています。ラティースは直接目に投与するのではなく、まつ毛の根本に塗る薬です。そのため大半がまつ毛のふちの部分に吸収されます。まつ毛から垂れてきたとしても直接目に投与する量と比べたら明らかに差があるのでそこまで心配はいりません。垂れてくる量が多いとリスクは多少高くなってしまいますので、ラティースを使用する際は正しい使い方を守りましょう。

色素沈着

色素沈着というのはシミや肌の黒ずみなどです。ではなぜ起きてしまうのか。基本的にラティースの正しい使い方を守っていればこのような副作用は起きません。ですが「まつ毛を早く伸ばしたい」「今以上に太く濃くしたい」と思い量を多く塗ってしまうと当然液剤まつ毛から垂れてきます。

その垂れてきた液剤が肌に付着することで色素沈着が起こってしまうのです。ですが、毎回必ず起きると言うことでもありません。ラティースで起きる色素沈着は一時的なものとされており、放置しておくと数ヶ月で治るでしょう。美白クリームなどを使うともっと早く治ります。ただ一時的でも肌の黒ずみやシミというのは誰でも良い気はしないでしょう。必ず正しい使い方を守って使用しましょう。

体毛が生える

ラティースは基本的にまつ毛の根本に塗るものです。まつ毛の根本以外に塗ってしまうとその部分の体毛が濃くなってしまう恐れがあります。ラティースに含まれているビマトプロストという成分はヘアサイクルの成長期を延長させる効果があります。そのためまつ毛以外の部分に塗ってしまうとその部分の成長期が延長され太く、濃く、長くなってしまう事がありますので、必ず塗る部分はまつ毛の根元のみにしておきましょう。

ラティースの副作用を出さない使い方

普段からメイクをしている方ならそこまで難しい使い方ではないと思います。ラティースを専用のアプリケーターの先の筆の部分に1滴垂らし、アイラインを書くようにまつ毛の根本に塗っていきましょう。この時焦って早く塗ってしまわぬように注意してください。

目に入らないように少しずつゆっくり塗っていくと良いでしょう。片方のまつ毛が塗り終わったら次はもう片方のまつ毛を塗っていきましょう。もう片方のまつ毛を塗る時はアプリケーターは新しいのを使ってください。これは感染症予防のためです。下記の動画はルミガンの使用動画ですが、使い方は同じになるので参考にしてみてください。

また、ラティースを塗る際は必ずまぶたを綺麗な状態にしておくと副作用のリスクを抑え、効果を最大限に引き出す事が出来ます。お風呂上がりなどでちゃんとちゃんと乾いてない状態で塗ってしまうと薬剤が薄くなり効果が半減する可能性があるので注意してください。まつ毛美容液と併用することも同じで効果が半減されてしまう可能性があります。

ラティースを使う際の注意点

ラティースは正しい使い方をしないと思わぬ形で副作用を招いてしまう危険性があります。そのような事態にならぬためにもしっかりと正しい使い方を守って使用するようにしましょう。

1回1滴のみ

ラティースは1回の使用で1滴のみです。両目の場合は合計2滴となります。もっと効果が欲しいからといって1滴以上塗っても効果は一切変わらず、ラティースの消費を早めるだけとなります。また、大量に塗ってしまうと当然液剤が垂れてきます。そうなると色素沈着のリスクも高くなってしまうので、必ず片目1滴ずつ、両目で2滴までと守るようにしてください。

下まつ毛には塗らない

上まつ毛に塗る方法は説明しましたが、同じような方法で下まつ毛に塗るといったことはしないようにいしてください。ラティースは上まつ毛に塗るだけで下まつ毛にも効果が行き渡ります。上下で塗ってしまうと副作用のリスクを高めてしまう危険性がありますので必ず上まつ毛のみを塗るようにしましょう。

コンタクトレンズを外す

ラティースを使用する際はコンタクトレンズは必ず外して置くようにしましょう。コンタクトレンズを着用したままラティースを使用してしまうとラティースの副作用を招いてしまい、角膜上皮の障害を起こしてしまうリスクがとても高くなってしまいます。副作用のリスクを減らすためにもコンタクトレンズは外してからラティースを使用するようにしましょう。

専用のアプリケーターで塗る

ラティースには専用のアプリケーターがあります。綿棒やまつ毛のブラシなどで代用することも可能ですが、ラティースの最大限の効果を発揮させるには専用のアプリケーターを使用するのが一番となります。よく綿棒で代用するという方もいますが、綿棒の場合は液剤が吸収されてしまい、効果が弱まってしまいます。

また、アプリケーターは必ず使いまわさないようにしましょう。1本1本が使い捨てようになっていますので、もったいないからといって何回も使用してしまうとばい菌が侵入し、思わぬ感染症を招いてしまう危険性がありますので注意してください。