マツエクを長持ちさせる方法をご紹介します。毎日ケアするだけで綺麗な状態をキープできます!

美容の悩みを通販で改善

マツエクをキレイに長持ちさせる方法

女性

まつ毛にエクステンションを付ける事で化粧を取っても長く濃いまつ毛でいられますし、朝の化粧も楽になるという理由からとても人気です。 マツエクをしている女性は多いのですが、エクステンションをしていてもまつげ美容液を塗ってまつ毛を手入れする必要があります。 中にはマツエクをつけて自まつ毛よりも長くボリュームのある理想的なまつ毛を手に入れて満足して何も手入れをしていない方もいます。

常にボリュームが欲しいと思っている人なら2週間に1回または3週間に1回サロンに通う人もいますが、マツエクの持続期間は平均3週間から4週間です。 マツエクをつけてたった1~2週間しか持たなかったという人の場合はケアを怠ったことや、付けたエクステの太さや長さが自まつ毛に負担を掛けてしまった事が原因で外れてしまう事があります。ちょっとした毎日のケアを行うだけでマツエクを綺麗に長持ちします。ここでは、マツエクをより綺麗に長持ちさせる方法を紹介します。

自まつ毛のケア

マツエクを付けるとどうしても自まつ毛に負担が掛かり、自まつ毛が抜けて落ちてしまったり傷んでしまうので自まつ毛をしっかり手入れする事が大切です。まつ毛のお手入れ方法はとてもシンプルで、まつげ美容液を毎日つけてるだけです。 マツエク中にまつげ美容液を塗っている人と塗っていない人とでは、マツエクの持ちに違いが出ます。

勿論、まつ毛には生え変わりの周期がありますので、マツエクを付けたばかりの時に抜ける時期が重なると自まつ毛と一緒にエクステも抜けてしまいます。 まつげ美容液を塗る事で、まつ毛に栄養がいき自まつ毛が抜けにくくなる=マツエクが長持ちするのです。

マツエクは自まつ毛の一本一本に直接つけていくので、自まつ毛が少ないとマツエクを付ける本数も少なくなります。エクステを付ける本数が少なければ、残念ながらボリュームのある理想的のまつ毛を手に入れる事は出来ません。またサロンのスタッフに無理を言って自まつ毛一本に対し二~四本のエクステをつけると自まつ毛がエクステを支える事が出来ず、せっかく長いエクステをつけても自まつ毛とともにエクステが下がってしまいます。

マツエクには瞳を大きくみせる事が出来ますが、いくら長いマツエクを付けても自まつ毛がエクステを支える事が出来なければ瞳が大きく見えるどころか、どこか眠そうな印象の目になってしまいます。その他にも自まつ毛とエクステが下がる事で目を傷つけてしまう恐れもありますので危険です。

マツエクは店舗によりそれぞれ金額に違いがありますが、そう安くありませんので自まつ毛をケアしてエクステをつけても支える事の出来る丈夫なまつ毛を育てた方がより長持ちさせる事が可能です。

オイルフリーのものを使う

まつげ美容液なら何でも良いというわけではありません。オイルが含まれているまつげ美容液を使うとエクステンションの接着剤が取れてしまいますので、オイルフリー(オイルが含まれていないもの)のまつげ美容液を使いましょう。 最近はプチプラコスメが流行っていて、100円均一やキャンメイクなど安いまつげ美容液もあります。しかし安い美容液はそれなりの成分しか入っていませんので、効果を実感しづらいという欠点があります。

自まつ毛が元もと細かったり短い、またはマツエクをつけた事により自まつ毛がダメージをうけ傷んで細くなってしまったり短くなってしまったまつ毛には、まつげ美容液よりもまつげ育毛剤を使った方が1番良いです。

まつげ美容液は自まつ毛をケアするもので育毛効果はありませんので、育毛効果を期待するのであればまつげ育毛剤を使用する事をおすすめします。中でも安全に使うことができて育毛効果を期待できるものが『ルミガン』です。 日本では緑内障の治療薬で用いられる医薬品ですが、海外ではまつげ育毛剤として使われています。

ルミガンの詳細はこちら

ルミガンでエクステが長持ちした人の声


■34歳/女性(事務員)
私は1ヵ月に1回マツエクをつけに行っていたのですが、ある時いつものように同じお店でつけ放題のメニューでやってもらいました。施術が終わりスタッフの方に「前回どのくらい持ちましたか?まつ毛全体が細く短い毛が多くて、ちょっとつけにくかったです」と言われました。20代前半の頃に別のお店に行ったときは「まつ毛長いですねー」って褒められたのに・・・・。
昔に比べて、マツエクをつける頻度も増えたし、少し休ませた方がいいのかな?と思っていました。
毎日DHCのまつ毛美容液を使っていたけど、意味無かったのかな・・・と。
ある日、仲のいい友人と会った時、その子も毎月マツエクをつけているので相談すると、「ルミガン」というまつ毛育毛剤を勧められました。まつ毛美容液なんかよりもまつ毛の育毛剤の方がまつ毛が太くなるし、生えてくる!!と熱弁されたので、私もさっそく購入し使ってみることに。1ヵ月使いつづけて、短かったまつげが長くなったような気がしました。
本当はエクステも2ヵ月くらい休ませようかと思っていたけど、1ヵ月だけ休ませ2ヵ月後にいつものお店に行きました。
前回と同じ人が担当してくれたのですが、今回はまつ毛が短く細い・・・なんて事は言われなかったので、たぶん回復したのかな?と。その後もずっとルミガンを使いつづけているのですが、それからというものマツエクの持ちが長くなったような気がします。恐らくまつ毛が丈夫になった事で、まつ毛とともにエクステもとれなくなったのでは?と思ってます。

オイルフリーのクレンジングを使う

前述にも記載しましたが、マツエクを付けたらクレンジング剤もオイルが含まれていないものを選びましょう。毎日しっかり化粧をしている方の中にはオイルクレンジングでスッキリ、サッパリと洗い落としたいと思っている方もいるかと思います。しかしマツエク中にオイルクレンジングを使ってしまうと、付けたばかりのエクステでも取れやすく持ちも悪くなってしまいます。 またエクステは摩擦にも弱いので、横に擦らずまつ毛部分を洗う際はやさしくまつ毛の根元から毛先に滑らせるように洗いましょう。化粧やクレンジング剤、洗顔料の洗い残しがないよう最後はしっかり水が洗い流す事も大切です。

まつ毛を乾かす

マツエク中にまつ毛とエクステが濡れたままだと菌が繁殖してしまい、トラブルの元になります。お風呂上りや洗顔後などは清潔なタオルやテッシュなどで水分を優しく拭き取りましょう。その後ドライヤーの冷たい風をまつ毛にあてて、しっかりと乾かすようにして下さい。「早く乾かしたい!」「寒い」等という理由で温風で乾かす事はおすすめ出来ません。 マツエクは熱にも弱いので、温風で乾かす事によりエクステが取れやすくなりますので必ず冷風で乾かしましょう。

まつ毛を整える

マツエクを付けた後、何もしないまま数日経つと徐々にマツエクが自まつ毛に絡んだという経験をした覚えがある方もいると思います。エクステが自まつ毛に絡んでしまうとエクステのカールが下向きなって目に入ったり、見た目が悪くなりせっかくつけたエクステを取り外す事になります。ですから毎日、まつ毛専用のブラシやコームを使い自まつ毛とマツエクを整えると長持ちさせる事が出来ます。 ですが、すでにエクステが絡まっている場合に根元から一気に整えようとすると逆にマツエクが取れてしまいます。そうならない為にも、毛先から徐々に整えて下さい。

定期的にメンテナンスをする

女性

上記のことを行う事で、絶対にマツエクが取れないというわけではありません。あくまでも綺麗な状態を長持ちさせる方法です。寝ているときに無意識に目を擦ったことで取れてしまう事もありますし、生え変わりの周期で自まつ毛と一緒にエクステも取れてしまう事があります。まつ毛の生え変わりの周期ばかりは、いくらケアをがんばっても防ぎようがありません。 ですが、定期的にメンテナンスを行うことで綺麗な状態をキープする事が出来ます。

2~3週間後にリペアする

サロンではじめてマツエクを付ける前後に、サロンスタッフから2週間または3週間後にリペアすると安いと聞いた事がある方も少なからずいると思います。 個人差はありますがマツエクを付けて2週間後くらいからエクステが取れはじめますので、だいたい2週間から3週間に1回はリペアをして取れてしまった部分をつけたり、取れそうになっている一部のエクステをオフしてマツエクを長持ちさせましょう。

2~3ヵ月に1回はオフする

定期的にリペアする事で綺麗な状態をキープ出来る一方、年中マツエクを付けっぱなしにするのは自まつ毛にとって良くありません。毎日キレイに化粧を落としているつもりでも、落としきれていない事もあり衛生的に良くありません。 またずっとエクステをつけ続けていると、まつ毛が傷んでしまいますので2ヵ月~3ヵ月に1回はすべて取り外し休憩させることも大切です。

まとめ

マツエクをキレイに長持ちさせる為には、やはり自まつ毛をきちんとケアしなければいけません。 マツエクをサロンで定期的にメンテナンスすることも長持ちさせる方法の一つなのですが、その分メンテナンスの費用も掛かります。いくら全てのエクステを一からつけるよりも安い価格設定であろうと2週間に1回、それが何回も続くとなると結構な金額になります。費用を抑えてマツエクを長持ちさせたいという方は、ルミガンのような育毛効果のあるまつげ育毛剤を使ったり、コシやハリを取り戻す効果が期待出来るまつげ美容液を塗ると良いでしょう。