Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/depibqb7/public_html/common/common.php on line 210
ビマトアイドロップの効果

ビマトアイドロップはまつ毛育毛剤ルミガンのジェネリックです。まつ毛を伸ばす効果はとても高く、ルミガンよりも安いのでとてもお得です。

美容の悩みを通販で改善

ビマトアイドロップの効果

ビマトアイドロップの効果

ビマトアイドロップは、まつ毛育毛剤のルミガンのジェネリック医薬品です。アイラインのように塗るだけでまつ毛の長さを長く、濃くする効果があります。「ドラッグストアに売っているまつ毛美容液では効果がなかった」という方にこそ是非試していただきたいお薬です。市販されているまつ毛美容液は成分は成分はほぼ化粧水です。ですので効果がなくて当然とも言えます。

一方ビマトアイドロップはれっきとした医薬品ですので、臨床試験でもその効果を認められています。毎日塗るだけでまつ毛を育毛するため、長く密度の高いまつ毛になる事が期待できます。臨床試験でも8割近くの方に効果があったとされています。塗り続ける事で、マスカラもマツエクも一切不要で、すっぴんでも自信が持てるようになります。

ビマトアイドロップの成分はビマトプロストです。もともとは緑内障の治療点眼薬として開発されていたものですが、利用している患者さんから「まつ毛が長くなった」という声が相次ぎました。これは緑内障の治療点眼薬の副作用です。その副作用が転用されてまつ毛育毛剤として開発されたのがルミガンです。

まつ毛の根元に塗ることで主成分であるビマトプロストがまつ毛のヘアサイクルに作用し、中にある成長期を延長させるため濃く、太く、長いまつ毛を得ることが出来るのです。

塗るだけでマスカラやマツエクなどの手間が一切なくなり、簡単にまつ毛を長くするため、忙しい海外のセレブなどの間で長年愛用され続けています。また、ご自分のまつ毛ですので、当然ですがマスカラなどのような不自然さはありません。最近はナチュラルメイクが主流になってますので、「いかにも盛ってます!」というような不自然なメイクでなく、「ナチュラル美人」に見られるでしょう。

効果を高める方法

ビマトアイドロップは通常よりもさらに効果を高める方法というのがあります。下記の方法を取り入れるだけでビマトアイドロップの100%の効果を得ることが出来ます。

22時~26時の間に塗る

22時~26時の間というのは発毛サイクルが一番活発になる時間なのです。この時間内にビマトアイドロップを塗ることで発毛サイクルが活発になり、効果が何倍にもなります。通常のビマトアイドロップを塗っている期間と比べると早く効果を実感することも出来るでしょう。可能であればこの時間帯にビマトアイドロップを塗ることを習慣付けて置くと良いですね。

専用のアプリケーターを使用

専用のアプリケーターは必須と言っても良いくらい重要です。綿棒などでも一応代用品にはなりますが、専用のアプリケーターを使用したほうが一番効果を高く得ることが出来ます。

また、綿棒の場合は液剤が吸収されてしまい、効果が十分に得ることが出来ないのであまりおすすめしません。専用のアプリケーターを使用することでビマトアイドロップの効果を最大限にし、その他にも感染症を引き起こすリスクをかなり減らすことができます。

このアプリケーターは使い捨てとなっているため、1度使用したら必ず捨てるようにしましょう。まぶたというのはとてもデリケートな部分です。そのため、ちょっとした汚れが目に入ってしまっただけでも感染症を引き起こしてしまう可能性があるのです。アプリケーターは1本1本使ったら必ず捨てるようにしましょう。

肌をキレイにする

ビマトアイドロップを塗る際は必ず肌をキレイにしておくようにしましょう。まぶたやまつ毛、周りなどをキレイにしておくことでビマトアイドロップの100%の効果を引き出すことが出来ます。メイクを落とし、コンタクトレンズを着けているなら外してからビマトアイドロップを塗るようにしてください。

また、お風呂上がりにビマトアイドロップを塗るのは良いですが、お風呂上がり直後に塗ることは避けてください。直後に塗ってしまうと水分とビマトアイドロップの液剤が混ざって効果が半減してしまうことがあります。これはまつげ美容液と併用する時も同じです。

そのため、肌をキレイにしてからビマトアイドロップを塗るのは良いですが、キレイにし、そこから少し時間を置いて塗るようにするとしっかりと効果を得ることが出来るでしょう。

ビマトアイドロップが効果ない?その理由は

ビマトアイドロップはとても効果の高いまつげ育毛剤となっていますが、使用方法を間違えていたり、使う方の体質などによっては効果が出ないといったことがあります。そうなってしまうと、何ヶ月も使用していた期間が無駄になってしまうのです。

ビマトアイドロップを使用しているのに効果がない、使用したいけどちゃんと効果がでる?などと不安に思っている方のために、いくつか考えられる理由を紹介しますので、参考にしてみてください。

使い方を間違えている

長い期間使用していても、その期間ずっと使い方を間違えている場合は、ビマアイドロップをいくら使っていても一切効果が現れません。ビマアイドロップというのは、まつ毛を伸ばす薬となっていますが、塗る部位というのはまつ毛ではありません。

まつ毛の根本に塗らなければ意味がないのです。つまりまつ毛の毛根ですね。最初は難しくて塗ることが出来ない場合もあるかもしれないですが、ずっと間違って使用していると、その期間は一切効果が出ないということに繋がりますので注意しましょう。

また、専用のアプリケーターではなく、綿棒などで塗っている場合もあまり効果を実感できないという結果に繋がる可能性があります。綿棒なんかはは液剤を吸収してしまう事があるので、上手く浸透させることが出来なくなってしまいます。

今まで間違っていたと感じている方は専用のアプリケーターを使用して試してみましょう。そうすれば自ずと結果がついてくるはずです。

使用期間が短い

ビマアイドロップに限らずまつ毛育毛剤というのは長く使用しなければ効果を実感することが難しいとされている薬です。そのため、1週間塗ったからといって効果が全然実感できないというのは当たり前です。

中には1週間程度で少し伸びてきたという方もいるかもしれないですが、こんな短い期間で伸びるというのはまずないと思っていても良いでしょう。効果を実感するためには、最低でも4ヶ月は使用し続けましょう。

4ヶ月使用することで自分だけではなく、他人からもはっきりと違いが分かるほどの効果を得ることが出来るでしょう。長く続けるのは面倒くさいという方もいるかもしれません。ですが、ビマアイドロップは慣れてしまえば1分もかからずに塗り終えることが出来ます。

出来るだけ毎日同じ時間に行い習慣付けると苦もなくまつ毛を伸ばすことが出来ますので、おすすめです。

まつ毛の毛根が機能していない

使い方は間違っていないし、もう何ヶ月も使っているのに一切効果が実感できないという方はまつ毛の毛根が機能していない場合があります。ビマトアイドロップは簡単にまつ毛を伸ばす事ができますが、死んでしまっている毛根を復活させるという効果ではありません。

そのため、毛根が機能していない場合はどんなにビマトアイドロップを使用しても一切効果がでないという事になるのです。まつ毛が生えてこない、かなり短いが、発毛可能な毛根があるという場合には、ビマアイドロップを使用することで発毛することができますが、発毛機能を失っている毛根の場合は何をしても不可能と言えます。

もし、このような方の場合はお金はだいぶかかってしまいますが、まつエクなどでまつ毛を作るしかありません。

ビマトアイドロップが合う方

ビマトアイドロップはルミガンのジェネリックとなっているのでまつ毛への効果というのはとても期待出来るでしょう。ビマトアイドロップの使用が合う人というのはまつ毛にコンプレックスを持っている方はもちろん、他にもルミガンを使用している方です。

まつ毛にコンプレックスを持っている方というのはそのままビマトアイドロップを使うことで簡単にまつ毛を伸ばす事が出来るのでおすすめします。ルミガンを使用している方というのは、ビマトアイドロップはルミガンよりもかなり安いです。

また、もう1つのルミガンジェネリックであるケアプロストよりも安いです。それほど安くてルミガンと同じ効果であればビマトアイドロップに乗り換えた方が経済的にお得と言えるでしょう。

こんなに安く簡単にまつ毛を伸ばせるビマトアイドロップですが、実は病院やクリニックでは購入出来ませんので、購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。