ビマトアイドロップはまつ下育毛剤ルミガンのジェネリックです。副作用のリスクは使い方を間違えると高める可能性があります。

美容の悩みを通販で改善

ビマトアイドロップの副作用

ビマトアイドロップの副作用

ビマトアイドロップルミガンのジェネリックとなっています。そのため、成分はビマトプロストを含んでいるので副作用も基本的にはルミガンと同じです。

ビマトアイドロップはFDA(アメリカの厚生労働省のような機関)にも安全性が認められた医薬品です。ですので安全性は非常に高い薬ですが、副作用が全くないわけではありません。体質や使い方によって出る方や出ない方が存在します。

その中でも最も多い副作用は、目の充血、かゆみ、色素沈着などです。ビマトアイドロップの成分が目に入ってしまうと充血したりかゆみが出てしまう場合があります。それぞれを説明していこうと思います。

ビマトアイドロップのご購入はこちら

目の充血・かゆみ

もともとは緑内障の治療点眼薬ですので、目に入ったとしても大きな問題はありませんがなるべく目に入らないように気をつけ、用量を守るようにしましょう。効果を早く得たいからとたくさんつけるとかゆみなどが強くなってしまう危険があります。また、余分な薬液はふきとり、できるだけ就寝前に利用しましょう。コンタクトをしている方は、ビマトアイドロップを利用した後は15分はつけないようにして下さい。かゆみ、充血は一時的なものですのでしばらくすればおさまりますが、辛い場合はしばらくビマトアイドロップの使用を控えましょう。万が一それでも改善されない場合は医師に相談して下さい。

色素沈着

ビマトアイドロップはメラニンの生成を活性化させる効果があるため、ごく稀に色素沈着が起こる場合があります。色素沈着になってしまうと基本的には元に戻るのと待つしか対策がないため、色素沈着を起こしやすい方は防止対策をとりましょう。ビマトアイドロップを塗る前に、バセリンやクリームでまつ毛の周りのまぶたを保護します。この事によって、薬液が肌に浸透しにくくなって色素沈着しにくくなります。また、下まぶたは皮膚が薄く、色素沈着をするとクマに見えてしまうため、下まつ毛には塗らないようにしましょう。上まつ毛にだけビマトアイドロップを塗ればまばたきで下まつ毛にも塗ったのとほぼ同じ効果になりますので、色素沈着のリスクは大幅に減らす事ができます。

副作用を出さない使い方

ビマトアイドロップの使い方

ビマトアイドロップはアイラインと同じ手順で簡単に利用する事ができます。眠る前に化粧を落とし、化粧水で肌を整えます。コンタクトをしている方は外して利用して下さい。アイブラシや綿棒にビマトアイドロップを1滴たらし、アイラインを引くような方法で上まつ毛の際に塗ります。皮膚などについてしまった場合はティッシュでふき取って下さい。眠る前に塗れば、上まつ毛に塗っただけで下まつ毛にも浸透します。副作用を防ぐためにも、上まつ毛にだけ利用するのがおすすめです。

使い方を説明している動画もありますので参考にしてみてください。ルミガンの動画ですが、使い方は変わりません。

動画でもあるように副作用のリスクを少しでも減らすためには落ちてくる薬剤を拭き取りましょう。ただし、大量に塗ってしまった場合は拭き取っても色素沈着を起こしてしまう可能性がありますので、正しい使い方は守るようにしてください。

また、大量に塗ったからといって効果がより高く出るなんてことはありません。ただ消費量を多くし、副作用を発症させるリスクを高めるだけとなりますので、必ず1滴だけにするようにしてください。

ちゃんと正しい使い方を守っているのに効果が出ないという事があるかもしれません。ですが、ビマトアイドロップというのは継続して塗り続けないと効果が出ない薬です。そのため、毎日継続的に塗り続けましょう。実際に効果が出始めるのは1ヶ月程度です。3ヶ月4ヶ月経つことでハッキリと効果を実感することが出来るでしょう。

ビマトアイドロップの注意点

ビマトアイドロップは大変効果の高いまつ毛育毛剤ですが、目に病気がある方などは利用できない場合があります。それ以外にも目が腫れたり炎症など、何かしら問題がある場合、利用する前に医師に相談するようにして下さい。また、敏感肌の方も利用には注意が必要です。最初はまつ毛以外の部分に利用してみて、異常がないか試してから利用しましょう。

なお、ビマトアイドロップを塗る際にはブラシや綿棒、専用のアプリケーターなどを利用しますが、これらは使い捨てですので何度も使いまわすことは絶対にやめましょう。衛生面の問題があり、ばい菌などが入ってしまう危険があります。その都度新しいものを利用するようにして下さい。

ビマトアイドロップを使用できない方

ビマトアイドロップは簡単にまつ毛を伸ばすことの出来る薬ですが、使用したことで強い副作用が発症してしまうという方もいます。ビマトアイドロップの使用を考えている人はまず自分が下記の項目に該当しているかどうか確認してから使用するようにしましょう。

目に傷がある人

目や目のまわり、まぶたなどに傷がある人や腫れや炎症を起こしている人はビマトアイドロップを使用することはできません。ビマトアイドロップに含まれているビマトプロストという成分は元々緑内障の治療に用いられていたものです。そのため、ただの目薬というわけではありません。

目に傷がある場合は薬剤が目に入ることでさらに傷付けてしまう危険性があります。自己判断で自分は大丈夫だろうと決めつけてビマトアイドロップを使用することはしないようにしてください。

妊婦、妊娠している可能性のある人

妊婦や妊娠している可能性のある人というのはビマトアイドロップを使用してはいけません。関係ないんじゃない?と思うかもしれないですが、実はビマトアイドロップに含まれているビマトプロストというのは胎児に影響を与える可能性が高いと報告があります。

ですが、どんな影響を与えるのかというのは明確にはされていないのです。影響がないのなら大丈夫だろうといって使用するのは絶対に控えましょう。人ではないですが、妊娠しているマウスにビマトプロストを使用した実験で、流産という結果が出ました。

その他のマウス実験も行われており、ビマトプロストが母乳から出てきたという確認もされています。マウス実験で起きた結果というのは人にも当てはまる事が多いため、人に実験する前に行われることが多いです。

妊娠週は胎盤から、出産後は母乳を通して赤ちゃんへビマトプロストが流れる可能性がとても高いとされているため、妊婦の人や妊娠している可能性のある人は必ずビマトアイドロップを使用しないようにしましょう。

ビマトアイドロップのご購入はこちら