Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/depibqb7/public_html/common/common.php on line 210
ゼニカルの副作用はかなり危険!?正しい飲み方を解説!

ゼニカルは摂取した脂肪分の40%をカットしてくれる効果のある肥満治療薬です。副作用、飲み方、通販での購入方法を解説します。

美容の悩みを通販で改善

ダイエット薬のゼニカル

ゼニカルの効果、副作用

ゼニカルとは肥満治療薬の1種で、主成分にはオルリスタット(オリスタット、オーリスタットとも呼ばれる)が含まれています。スイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が1998年に欧州で発売開始しました。

アメリカでは1999年にFDAと呼ばれるアメリカ食品医薬品局に承認され、肥満問題の解決策として大いに活躍しています。FDAとは日本でいう厚生労働省のようなものです。

ゼニカルは服用するだけで、食べた脂肪分の40%をカットする夢のような薬です。これは医学的にもしっかりと認められており、効果も自分で実感することができます。これだけとても優秀なダイエット薬なのですが、日本では未だ未承認となっているため、クリニックなどで販売されていてもかなりの高級品扱いをされています。

ゼニカルはクリニック以外にも通販で購入することができ、通販であればクリニックと比べてかなり安く購入することが出来ます。それぞれのクリニックによって値段は異なってきますが、大体通販であれば半額程度の値段で購入が可能なのです。また、ジェネリックも販売されており、それならさらに半額で購入することが出来ます。

ゼニカルは欲しいけど高いと感じている方はジェネリックを購入してみるのがおすすめですね。

ゼニカルの副作用

ゼニカルの副作用

ゼニカルはとても効果は高いですが、薬なので当然副作用が存在します。服用する人の体質によって症状の度合いや頻度が変わってきますので、ゼニカルを服用する際は必ず副作用の事を頭に入れておくようにしましょう。

便意を催しやすくなる

ゼニカルを服用することで主に報告されている副作用というのは便意を催しやすくなるという症状です。ゼニカルの服用開始から3ヶ月以内に多く見られます。これはカットした約40%の脂肪分を排出させるために必要な事となっているので仕方がない副作用と言えます。この副作用はゼニカルが効いている証として認識してもらうと良いでしょう。

この便意は調整できれば良いのですが稀におならだと思ってしたら油が出てしまったという人も少なくはありません。油は染みると取れにくいですし、もし白いパンツやスカートだった場合、想像するだけでも恐ろしいですよね。このような状況の対処法といったらナプキンを使用することです。多くの女性は夜用のナプキンなどを使用することで油漏れを防いでいるのです。

胆石症(たんせきしょう)

胆石症というのは胆のうや胆管に石が出来てしまい、痛みなどを引き起こしてしまう症状です。ゼニカルでなぜ起きるのかと言うと、そもそも減量中には胆石症のリスクが高くなってしまいます。ゼニカルを服用しながら食事を改善したり運動をすることで胆石症のリスクが2.9%となっています。ですが、食事の改善と運動をするだけであれば胆石症のリスクは1.8%となっています。

ここから分かる通り、ゼニカルを服用するだけで0.9%胆石症のリスクが上がってしまうのです。ゼニカルを服用することで腹痛、吐き気、嘔吐といった症状が現れてしまった場合は医師に相談してみましょう。もしかしたら胆石症の前兆かもしれません。

ビタミン不足

どのサイトにもほとんど記載されていませんが、ゼニカルを服用することでビタミン不足が起こる可能性があります。脂溶性のビタミンであるビタミンA、D、E、K、βカロテンは脂肪分に溶けることで体内へ吸収されていきます。ですが、ゼニカルの効果によって脂肪分の吸収が悪くなると、同時に脂溶性ビタミンも吸収されづらくなるのです。

ビタミン不足を起こすとなると身体の代謝が悪くなってしまい、色々な体調不良を起こしてしまう可能性があります。また、女性にとっては敵となる肌荒れも起こしてしまう可能性があるのです。脂溶性ビタミンの中でも特にビタミンEやβカロテン不足に悩まされることが多く、食事だけで補うのが難しいといった方も多いでしょう。

ビタミンというのは美容や健康にとってはとても重要なものとなります。FDA(アメリカ食品医薬品局)ではこのような事態を避けるために、ゼニカルを服用時にはビタミン剤も一緒に服用したほうが良いと勧告しています。

肝機能障害

ゼニカルを服用することでごく稀に起こるのが肝機能障害です。実際に2014年までに肝機能障害が報告されたのは14例とあります。その中には肝移植をしなければならない程の重篤な副作用が起きたとも報告されています。基本的に内服薬というのは肝臓で代謝するのですが、ゼニカルは一般的な内服薬よりも肝臓への負担が高いと言えるでしょう。

ゼニカルを服用したことで食欲不振、だるさを感じる、かゆみ、皮膚が黄色くなるというような症状が発症した場合は肝機能障害の前兆かもしれません。このような状況になった場合はすぐにゼニカルの服用を中断し、医師に相談するようにしましょう。

腎障害

ゼニカルを服用することで腎障害が起きるというのはほとんどありませんが、報告はされています。腎障害が発症しないとは言い切れませんので必ず頭に入れておきましょう。前兆としてはゼニカルを服用したことで手足のむくみ、尿が減少する、血尿、背中が痛むといったものになります。

もし、これらのような症状が発症してしまった場合はすぐにゼニカルの服用を中断し、医師に相談するようにしてください。

その他の副作用

ゼニカルを服用することで起きる副作用を挙げてきましたが、上記で説明した副作用以外にもアレルギー、腹痛、食欲不振、胃の膨満感などの副作用が報告されています。基本的にゼニカルで副作用というのはあまり発症しませんが、もしも発症し、それが治まらなかった場合はすぐにゼニカルの服用を中断し、医師に相談するようにしてください。

ゼニカルで肺がんが発生する

アメリカの研究でゼニカルを服用することで肺がんになるリスクが高まるという報告があります。これによってゼニカルは一時的に販売を中止したこともありました。ですが、実際はゼニカルで肺がんを引き起こすというのは科学的に証明されてはいません。根拠が明らかではないので、「ゼニカルで肺がんは起きない」と否定する医師も存在します。

ではなぜこのような事になっているのでしょうか。ゼニカルは先程も説明したようにビタミン不足が起こりやすいです。そのため、十分な栄養を吸収することができず、そのせいで抵抗力が落ちるためではないかと考えられています。つまり、ゼニカルを服用することで直接肺がんが起きるというわけではありません。

また、一般の方よりも肺がんのリスクが高いのは消化管の病気を抱えている方や胆石症、肝臓病、腎臓病などの病気を抱えている方です。それ以外にもBMIがそれほど高くないのに関わらず、ゼニカルを服用している場合も肺がんのリスクというのは高くなるようです。

ゼニカルでビタミン不足が起きるというのはしょうがないことではあります。そのため、FDAが勧告したように、ゼニアかるの他にビタミン剤も一緒に摂取してビタミン不足を引き起こさないような努力をすると良いでしょう。このような努力をすることでまず肺がんのリスクというのは0に近づきます。

ゼニカルの副作用を出さない飲み方

ゼニカルの飲み方

ゼニカルというのは飲み方次第で効果を高めたり、半減させたり、副作用のリスクを減らしたりすることが出来るのです。一番ベストとされる飲み方は食事と一緒に、もしくは食後1時間以内に服用しましょう。食前にゼニカルを服用してしまうと効果が半減されてしまいますので注意してください。

1錠120mgを水と一緒に1回、1日3食であれば3回服用するようにしましょう。この時注意しなければならない点として、ゼニカルの効果をもっと欲しいからといって多く服用しても、一切効果は変わりません。ただし、副作用のリスクというのは高くなってしまいますので、必ず服用量には注意してください。

食事を取るといっても脂肪分が少ない食事の場合はゼニカルを服用しないようにしてください。ゼニカルというのは脂肪分をカットしてくれる薬なので、脂肪分を含まない食事にはゼニカルは一切効果がありません。逆に脂溶性ビタミンを吸収できなくなってしまい、ビタミン不足を悪化させてしまいます。また、1日の服用量は3回までと限度があります。そのため、3食以上取るという方でも3回までしか服用してはいけません。

ゼニカルは服用期間の制限というのは特にありません。ゼニカルに含まれているオリスタットは体内で残る心配がありませんので、1回目と2回目の服用期間が短くても心配ありません。だからといって1回目の直後にまた服用するといったことは絶対にないようにしてください。

このようにゼニカルは正しい飲み方がしっかりとありますので、これらを守って服用するようにしてください。独自の飲み方をしてしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性があるので注意しましょう。

ゼニカルの効果

ゼニカルという薬は、服用することで脂肪の吸収を抑制してくれる効果があるのです。摂取した脂肪の約40%程度の吸収を妨げてくれる事になるので、食事の質や量といったことを気にせず好きなものを食べながらダイエットに取り組む事ができるのです。

ゼニカルはアメリカで行われた治験の結果、食事を変化させることなく、1年間服用を続けた人の中で90%の方が体重が減少したと報告されています。また、そのうちの30%の方が自分の体重の10%以上減らすことが出来たと報告されています。つまり50kgの方なら5kg以上ダイエットに成功したということですね。ゼニカルという薬は実際にこれほどの効果が出ると結果が出ているのです。

ゼニカルの成分オルリスタット

ゼニカルには主成分としてオルリスタットが含まれています。このオルリスタットが脂肪分の吸収を妨げてくれる効果があるのです。

基本的に脂肪を摂取すると酵素によって細かく分解されます。脂肪分が分解されることにより、はじめて体内へ吸収されていくのです。ということは、分解さえ妨げることが出来れば吸収はされないということです。つまり、オルリスタットは直接的に脂肪分の吸収を抑えるのではなく、脂肪分の分解を妨げることにより、吸収されにくくしてくれる効果があるのです。

だからといって全て吸収させないということでもありません。食事から摂取した40%のみが最大で妨げる効果となっているのです。

ゼニカルの効果発生時間と持続時間

ゼニカルというのは飲みはじめてから24時間~48時間以内で効果を実感できるとされています。食後1時間以内か食事と一緒に服用することが推奨されています。効果が持続する時間としては、48時間~72時間以内です。

ゼニカルは単純に脂肪分の吸収を抑えるというわけではありません。脂肪分を抑え、それを便として排出させるといった効果があります。そのため、便秘気味の方の場合は効果を実感することが少し遅れてしまう場合もあるのです。ただし、ゼニカルの効果持続時間内である72時間以内には必ず便で排出されるという報告がありますので、不安にならずに様子を見るようにしましょう。

また、体質によっても効果発生時間と持続時間は左右されると言われています。そのため、高い効果を望んでゼニカルを服用したのに、体質のせいであまり効果が実感できないという事もあるので注意しましょう。

それ以外にも脂肪分の少ない食事を摂っていながらゼニカルを服用したという場合も効果が現れにくいという状況になります。これは単に妨げる脂肪分がほとんどないため、あまり効果が実感出来ないのです。一切脂肪分がない食事を取る際はゼニカルを服用しないようにしましょう。服用してしまうことで逆に副作用を招いてしまう危険性があります。

ゼニカル服用で痩せるまでの期間

ゼニカルというのは脂肪分の吸収を抑える効果があるため、運動をしていなくても食事改善をしなくてもダイエット効果がしっかり現れます。そこで重要なのは痩せるまでどれくらいの期間が必要になってくるかです。

ゼニカルでダイエットを始めるとなると最短でも2週間の間には効果を実感出来るとされています。個人差もありますので全員が全員この通りというわけではありません。ゼニカルは完全に脂肪分の吸収を抑える薬というわけではないので、短期間で劇的変化はあまり望めません。

継続して服用し続ける事で徐々に体重が減っていくのです。多くの方は「2ヶ月以上の服用で効果を実感した」と報告されています。これは正確な結果ではなく、ゼニカルを使用した方々の総評です。2ヶ月以上継続して服用したことで5kg以上の減量に成功したと多く報告されています。

ゼニカルというのは服用することで急激に体重が減量するといった薬ではありません。その方の適正体重に近づくことで減量の効果もゆるやかになっていきます。ゼニカルの効果を実感するためには最短でも2週間、それでも実感出来ないのであれば2ヶ月以上は継続して服用しなければなりません。

運動も取り入れるとさらに効果が増す

ゼニカルという薬は単体でもとても効果を発揮する事のできる薬ですが、運動も取り入れることでさらにダイエット効果が増すのです。ゼニカルの製造メーカーでもあるロシュという会社のデータでは、ゼニカルの服用に加えて運動をすることで平均にして6.57kgの減量効果があると報告されています。運動でのダイエットですと2.49kgと報告されているので、ゼニカルを服用しただけで約3kg近くの減量効果が加わったと分かります。

これは1年~4年かけてのデータとなっているので、とても信用性は高いですね。ちなみに3ヶ月継続でもしっかりと減量効果は見られると言われています。

ですが、1つ注意しなければならない点があります。ゼニカルの副作用でも説明したように、ゼニカルを服用しながら運動を加えることで胆石症とよばれる副作用の発症するリスクが1.1%増加してしまいます。1.8%から2.9%となりますので、注意しなければなりません。これが高い確立か低い確率かは人それぞれになってきます。

ゼニカルを通販で購入

ゼニカルを通販で購入

ゼニカルというのは美容クリニックに行くことで簡単に購入することのできる薬です。ですが、美容クリニックではかなり高値で販売されており、継続することも中々難しい薬と言えるでしょう。とある美容クリニックでは14錠で6,020円と設定されています。

ですが、通販で購入するのであれば、もっと安く多く購入が可能となっているのです。通販の場合は42錠入っており5,700円で購入することが可能です。値段の面ではそれほど変わらないと感じますが、1錠単価にするとかなりの差が発生します。

美容クリニックの場合は1錠約430円、通販で購入する場合は1錠約135円となっています。3倍程度違いますね。また、通販の場合は42錠の他に84錠、168錠と内容量が多いものも販売されています。多ければ多いほど1錠あたりの値段も安くなっているので長い期間で使用すると決まっている方の場合は内容量が多いゼニカルを購入することをおすすめします。

また、ゼニカルにはジェネリック医薬品という薬も存在し、これよりもさらに安く購入することが可能となっているのです。ゼニカルのジェネリックとして一番有名であるオルリファストという薬であれば、1錠71円とかなり安く購入することが出来ます。

ジェネリックとなりますので、成分はオルリスタットを含んでおり、効果はゼニカルと何も変わりません。通販の場合はこれほど安く販売されているので、現在美容クリニックなどへ行きゼニカルを購入している方の場合は通販に乗り換えた方がかなりの出費を抑えることが出来るので、とても経済的と言えます。

オルリファスト(ゼニカルのジェネリック)

オルリファスト(ゼニカルのジェネリック)

オルリファストはロイド・ラボラトリーズ社が開発販売しているゼニカルのジェネリックになります。ゼニカルと同じオルリスタットを主成分としている為、効能や効果は同等となっています。使用方法や副作用も同じなのですが、後発薬として開発費用が少なく済んでいるので、販売価格も安く高級品であるゼニカルをお得に購入できるのでオルリファストが通販では人気となっています。オルリファストを注文する際は、海外からの発送となるため時間に余裕をもってください。大体10日から14日ほど時間を見ておきましょう。オルリファストは日本では未承認の医薬品の為、必ず使用の際は自己責任で飲み方なども守ってください。