ゼニカルは摂取した脂肪分の40%をカットしてくれる効果のある肥満治療薬です。副作用、飲み方、通販での購入方法を解説します。

美容の悩みを通販で改善

ゼニカルの効果、副作用

ゼニカルの効果、副作用

ゼニカルとは肥満治療薬の一種で主成分はオルリスタット(オリスタット、オーリスタットとも呼ばれる)です。スイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が1998年に欧州で発売開始しました。アメリカでは1999年にアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認され肥満問題の解決策として大いに活躍しています。服用するだけで、食べた脂肪分の40%をカットするというような夢の薬なのですが、医学的にも認められており効果も自分で実感することができるすごい薬なんです。これだけ優秀なダイエット薬なのですが、日本では未だ未承認の為かなり高級品扱いとなっています。

ゼニカルの効果

主成分であるオルリスタットは脂肪のある食事と一緒に摂取することで腸内にあるリパーゼに対して働きかけ、腸管から脂肪が吸収されるのを防ぎます。腸内にあるリパーゼですが、肝臓から分泌されている胆汁の酵素で、脂肪を分解し腸から吸収する働きを持っています。脂肪を細かくし、体に吸収しやすくしてくれるのですが、この働きを抑える効果で脂肪を吸収させないのです。そのため吸収されなかった脂肪は排泄物として便と共に肛門から排泄されます。

摂取した脂肪の約40%ほどの吸収を妨げてくれるので、食事の質や量を気にせずダイエットに取り組むことができるのです。アメリカで行われた治験の結果、食事を変化させることなく、1年間服用を続けた人の中で9割の人が体重減少できたと報告されています。その内3割の人が自分の体重の10%以上体重を減らすことができているのです。ゼニカルの効果はこれだけ明確に治験結果が出ているのです。

ゼニカルの副作用

ゼニカルの副作用

ゼニカルの代表的な副作用で、便意を催しやすくなるという事が多くあげられているのですが、これはカットした約4割の脂肪分を排出させるためには必要な事なのです。しかし、この便意ですが調整できればよいのですがまれにおならだと思ってしたら油が出てしまったという人も少なくはありません。油は染みると取れにくいですし、もし白いパンツやスカートだった場合想像するだけでも恐ろしいですよね。そんな困った状況を回避させるために女性の多くは夜用のナプキンなどを使用して油漏れ!?を防いでいるのです。

その他に多い副作用でビタミン不足があります。脂溶性のビタミンである、ビタミンA、D、E、K、βカロテンの吸収も防いでしまうのです。特にビタミンEやβカロテン不足に悩まれることとなります。これも防ぐ方法として、ゼニカルの服用時はビタミン剤を一緒に服用したほうが良いとFDAでも勧告しています。その他副作用は比較的ないとされていますが、もし使用中に異変を感じたら医師に相談しましょう。

ゼニカルの飲み方

ゼニカルの飲み方

ゼニカルは食事と一緒に服用か食後1時間以内に服用します。1錠120mgを1回 1日で3回です。大量に服用してもさらなる効果を得ることはできませんので必ず飲み方を守りましょう。食事をしない時や、脂肪分が全くない食事の時は飲まなくても大丈夫です。(効果を得ることができません)ゼニカルを飲んでも食欲は抑制されません。

ゼニカルを通販で購入

ゼニカルは日本国内では治験もしくは製造承認申請中となっています。今現在では未承認の為一部の美容クリニックなどでしか購入する事ができません。さらに自由診療で自己負担ですのでかなりの高額となってしまいます。しかしゼニカルを通販で購入する事も出来るのです。海外で販売されているゼニカルを日本にいながら通販と同じように個人輸入することができます。専用のサイトなどを使用するとスムーズに安全にスマホやインターネット、電話などで家にいながら手に入れられるので多くの人がゼニカルを通販で購入しているようです。

ゼニカルのご購入はこちら

オルリファスト(ゼニカルのジェネリック)

オルリファスト(ゼニカルのジェネリック)

オルリファストはロイド・ラボラトリーズ社が開発販売しているゼニカルのジェネリックになります。ゼニカルと同じオルリスタットを主成分としている為、効能や効果は同等となっています。使用方法や副作用も同じなのですが、後発薬として開発費用が少なく済んでいるので、販売価格も安く高級品であるゼニカルをお得に購入できるのでオルリファストが通販では人気となっています。オルリファストを注文する際は、海外からの発送となるため時間に余裕をもってください。大体10日から14日ほど時間を見ておきましょう。オルリファストは日本では未承認の医薬品の為、必ず使用の際は自己責任で飲み方なども守ってください。

オルリファストのご購入はこちら