ケアプロストというまつ毛育毛剤はルミガンのジェネリックとなっており、成分はビマトプロストを使っているため、まつ毛を伸ばす効果があります。

美容の悩みを通販で改善

ケアプロストの効果

ケアプロストの効果

ケアプロストというのはルミガンのジェネリックとなります。そのためルミガンを使用した事のある方ならケアプロストも簡単に使いこなせるかと思います。効果としてはルミガンと全く一緒となりますので安心です。

元々ルミガンは緑内障の治療薬です。副作用としてまつ毛が伸びると報告があり、今ではまつ毛育毛剤としての使われ方をしています。ケアプロストはルミガンと同じビマトプロストという成分が含まれています。

このビマトプロストというのは毛根を包み込んでいる組織、毛包(もうほう)にあるプロスタミドαF2受容体に対して働きかけます。そうすると毛包が活性化され、まつ毛が成長していくのです。

まつ毛には1本1本に成長期、退行期、休止期と呼ばれるヘアサイクルがあります。成長期というのはまつ毛が発毛され、伸び続ける期間です。ある程度成長したら退行期へ入り、休止期で抜けていきます。ケアプロストに含まれているビマトプロストという成分はまつ毛の成長期を延長させる効果があるのです。

通常よりも成長期が長くなるため、まつ毛が濃く、太く、長くなるのです。当然成長期が終わると長くなったまつ毛も退行期、休止期へ入り抜けていきます。ただし、ケアプロストを塗っている期間中は成長期がずっと延長されているため、濃く、太く、長いまつ毛が手に入りやすいのです。

ただしケアプロストに発毛の効果はありません。まつ毛を成長させる効果だけとなるので本数を増やしたいという方の場合は他の薬を使うようにしましょう。

ケアプロストのご購入はこちら

ケアプロストのより効果を高める方法

ケアプロストは毎日継続的に塗っていくことでしっかりと効果の出るまつ毛育毛剤です。通常よりもさらに効果を発揮させる方法を紹介します。

専用のアプリケーターの使用

専用のアプリケーターというのはケアプロストを使用する際は必須ともいえる道具です。女性なら分かるかと思いますが、アイラインを引く時に使用するアイライナーブラシと似たような形となっています。では、なぜ専用のアプリケーターが良いのか。他のと同じじゃない?と思う方も少なくはないと思うので説明していこうかと思います。

まつ毛育毛剤としての専用のアプリケーターとなるため、しっかり塗れて効果を高く発揮させてくれます。また、その他に専用のアプリケーターが良い理由としては簡単に言えば清潔だからです。アプリケーターは全て使い捨てとなっています。その理由としてはまぶたというのは他の皮膚に比べてかなり薄くデリケートな部分です。

そのため、清潔に保っていないと感染症を引き起こしたりしてしまうケースがあるのです。もったいないからといって何回も使ってしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性があるので、必ず1回使用したら捨てるようにしましょう。ケアプロストとアプリケーターのセットもあるので購入する際はそちらがおすすめですね。

ケアプロスト+アプリケーターのご購入はこちら

シンデレラタイムに塗る

シンデレラタイムというのは誰もが1度は聞いたことあるのではないでしょうか。これは発毛サイクルが活発になる時間です。22時~26時の間にケアプロストを使用することで効果が何倍にも跳ね上がります。この時間に塗ることを習慣付けていると効果を実感するのも早くなるでしょう。

目元をキレイにしておく

ケアプロストを使用する際は絶対にまぶたやまつ毛はキレイにしておくようにしましょう。まぶたやまつ毛をキレイにしておくことで、ケアプロストの100%の効果を得ることができるのです。メイクをしている状態であれば必ずメイクはとるようにしましょう。

また、コンタクトレンズを着けている状態であれば必ず外してからケアプロストを使用するようにしてください。コンタクトレンズを着用したままケアプロストを使用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しましょう。

ここで1つ注意してほしいことがあります。目元をキレイにするためにお風呂に入った直後、または化粧落としで落とした直後にケアプロストを塗るのは控えましょう。目元にまだ水分などが残っている状態でケアプロストを塗ってしまうと、その2つが混ざってしまいケアプロストの効果が半減してしまう可能性があります。

目元をキレイにするのは良いですが、キレイにした直後ではなく、数分たってからケアプロストを塗るようにしてください。

ケアプロストは効果なし?

ケアプロストを使用している方の中で、全く効果が実感できないという方もいるとは思います。基本的にケアプロストは、まつ毛の根元に塗るだけでまつ毛が伸びるのですが、間違った使い方をしていたり、使用期間が短い、まつ毛に異常があるという場合はケアプロストの効果を実感できない可能性があります。1つずつ解説していきます。

使い方が間違っている

ケアプロストの効果を実感できないという方は使い方を間違えている方がとても多い印象です。ケアプロストはまつ毛にぬるのではなく、まつ毛の根元に塗るのです。ただただまつ毛に塗っても意味はありません。効果が出ることは一切ないのです。まつ毛の根元にある毛包という部分に作用させて成長期を延長させるため、まつ毛にササッと塗っても効果が出ないのは当然です。

また、根本には塗っているが効果が出ないという方は専用のアプリケーターではなく綿棒やその他の代用品で使っていないでしょうか。特に綿棒はケアプロスト効果をかなり薄くしてしまいます。理由としては綿棒はケアプロストの液剤を吸収してしまうためです。

液剤が吸収されてしまえば、当然ですがまつ毛の根元に塗るための液剤が少量になってしまいます。そのせいで効果が一切感じられないという事も多いです。ケアプロストを使用する際は専用のアプリケーターを使うようにしましょう。

使用期間が短い

ケアプロストを含め、まつ毛育毛剤というのは継続的に使用しなければ効果をあまり実感できないとされています。つまり1週間程度で「全然効果を実感できない」となってもそれは当たり前です。ケアプロストの効果を実感するためには4ヶ月程度の継続が必要となってきます。

また、毎日ケアプロストを塗っていないと意味がありません。塗る日と塗らない日がある場合は効果を実感できるまでにかなりの時間が必要となってきます。毎日塗っていて4ヶ月で効果を実感できるところを、塗る日と塗らない日があるため6ヶ月以上かかってしまうなんてこともあります。

ケアプロストを塗るというのはそこまで大変なことでもありません。慣れてしまえば1分もしないうちに両まつ毛とも塗れてしまえます。塗るのを忘れてしまうという方は習慣付けると良いでしょう。いつもこのタイミングでケアプロストを塗るという風に毎日決めておけば、それが習慣となり、ケアプロストを塗ることを忘れずに済みます。

まつ毛に異常がある

ケアプロストはまつ毛を伸ばす効果はありますが、発毛効果はないと先程説明しました。そのため、まつ毛の根元にある毛包が機能していなかった場合は一切まつ毛が伸びません。ケアプロストは発毛可能な毛包にのみ効果を発揮します。機能していない毛包であれば、それはどうしてもまつ毛を発毛させることはできません。毛包が機能していない場合は植毛やまつげエクステをするしかないのです。

ケアプロストが合う人

ここまでケアプロストの効果を説明してきました。ケアプロストは使ってみればとても簡単で高い効果を発揮することのできるまつ毛育毛剤です。そのため、まつ毛が短い、細いなどのコンプレックスを持っている方はケアプロストの使用をおすすめします。

まつ毛が短いか長いかで印象というのはかなり変化があります。まつ毛を長く、太く、濃くすることで簡単にぱっちりした目を得ることができるのです。また、ケアプロストは通販で購入出来るのでクリニックなどに通う必要性もありません。

全て自宅にいながら自分で出来るのです。最低でも3ヶ月使用すれば少しでも変化が見えてくることでしょう。そして4ヶ月目には他人が見ても分かるほどの変化を感じていることです。

ケアプロストのご購入はこちら