ケアプロストというまつ毛育毛剤の副作用を説明しています。使い方を間違えることで思わぬ副作用が発症するので注意しましょう。

美容の悩みを通販で改善

ケアプロストの副作用

ケアプロストの副作用

ケアプロストはルミガンのジェネリックとなっており、ルミガンは元々緑内障の治療薬です。そのため、まつ毛が伸びるというのは本来は副作用と認識されています。まつ毛が太くなったり濃くなったりするのも同様です。

それ意外の副作用となると
目の充血
かゆみ
皮膚に液剤がつくことで起きる色素沈着

が起こりやすいと言えるでしょう。

ただし、起こりやすいといっても使用した方の4%程度しか発症しません。そのため非常に安全な薬と言えるでしょう。普段から目の乾燥がひどかったり、目を駆使する仕事をしている、目にアレルギーがあるという人はケアプロストを使用することで充血やかゆみが出やすい状況にありますので注意してください。目の充血というのは決して長い時間続くものではありません。

大抵の場合はすぐに落ち着いてきますが、もしずっと続くようなのであればすぐにケアプロストの使用を中断し、医師へ相談するようにしましょう。

色素沈着というのは注意していれば招く事はありません。なぜ色素沈着が落ちしまうのかというと、ケアプロストを正しい使い方をせずにまつ毛を伸ばしたいと大量に塗っている事が原因です。ケアプロストは大量に塗ったからといって効果が大きくなるといったことはありません。

まぶたや目尻といった部分は皮膚が薄く、大量に塗ってしまうことでシミを作りやすくしてしまいます。基本的には色素沈着が起きても数ヶ月経てば治まりますが、絶対に治るというわけでもありませんので注意してください。

間違えて多く塗ってしまったという場合は垂れてくる液剤をティッシュなどで拭き取ってあげることで色素沈着のリスクは少なくなります。副作用を招かないためにも使い方は必ず守るようにしましょう。

ケアプロストの副作用を出さない使い方

ケアプロストの使い方

ルミガンを使用したことのある方ならケアプロストは簡単に扱えると思います。ケアプロストは専用のアプリケーターなどの先の筆の部分に1滴垂らしてアイラインを書くようにまつ毛の根本に塗るだけです。

間違えて目に入らないようにも少しずつゆっくり塗っていきましょう。片目で1滴ずつ、両目では2滴で十分です。多く塗ったとしても効果は変わらないので注意してください。

塗り終えましたらまつ毛の生え際意外に付いた薬剤をティッシュなどで拭き取ってあげましょう。これでケアプロストの使い方というのは終了です。文章では難しいという方のために動画を貼っていますので参考にしてください。

※動画はルミガンの使い方ですがケアプロストも同様の使い方です。

ケアプロストの注意点

ケアプロストは副作用があまりないからといって自己流で使ってしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。使用する際は使い方は必ず守るようにしましょう。

1滴以上塗らない

ケアプロストは必ず片目1滴、両目で2滴に定めてください。何滴も塗ったとしても効果は何も変わらずケアプロストの消費量をただ増やすだけです。また、まぶたに液剤が大量に塗られてしまうことで色素沈着のリスクも高くなってしまいますので注意してください。

コンタクトレンズは外す

ケアプロストを使用する際は必ずコンタクトレンズは外すようにしてください。もしコンタクトレンズをつけたままケアプロストを使用してしまうと角膜上皮の障害を引き起こしてしまう危険性があります。まつ毛を伸ばすどころではなくなってしまうのでコンタクトレンズは必ず外してから使用するようにしましょう。

まつ毛美容液と併用すると効果が弱い

まつ毛育毛剤とまつげ美容液はなるべく併用しないようにしましょう。例えばまつげ美容液の後にまつ毛育毛剤であるケアプロストを使用するとまつげ美容液が残っておりケアプロスト自体の効果が薄まってしまう事があります。

逆も同じでケアプロストの後にまつげ美容液を塗るとケアプロストの液剤とまつげ美容液が混ざって効果が薄まってしまいます。そのため、ケアプロストを使用する際は必ず乾いた状態で行いましょう。ケアプロストの後にまつげ美容液を塗る際はケアプロストが必ず乾いた後に塗ってください。

綿棒で塗るのは効果が弱い

ケアプロストには専用のアプリケーターがあります。できればそのアプリケーターを使うことがケアプロストの100%の効果を引き出すことができます。時々持っていないからといって綿棒を代用品として使っている方がいますが、専用のアプリケーターと比較すると綿棒は効果が少し弱まってしまう事があります。それはケアプロストの薬液が綿棒に吸収されてしまうからです。まつ毛を早く伸ばしたいのであれば専用のアプリケーターを使うようにしましょう。

アプリケーターは使い回さない

ケアプロスト専用のアプリケーターというのは1本1本が使い捨てとされています。使いまわしてしまうと皮膚が薄くデリケートなまぶたや目尻に感染症を引き起こしてしまう可能性があります。清潔な状態を保つためにも必ずアプリケーターは使いまわさず、1回使ったら捨てるようにしましょう。

ケアプロストを使用できない人

ケアプロストはまつ毛に対してコンプレックスを抱いている方の使用がおすすめです。そのため、まつ毛が元々長いという方の場合はケアプロストを使う必要性があまりありません。

ケアプロストはまつ毛が伸びる効果があるといっても合う人、合わない人がいます。そのためケアプロストを使ってまつ毛を伸ばしたいという方はまずは自分が使用して大丈夫かどうか確認をとってから使用するようにしてください。

ドライアイの方

ドライアイの方は出来るだけケアプロストの使用を控えたほうがいいです。それはケアプロストがもし目に入るとなると、ケアプロストの成分であるビマトプロストの効果によって、眼球の房水の流出を促されると言われているからです。

ドライアイというのは眼球の房水が少ないため発症してしまうものです。そこでビマトプロストが目に入る事によってドライアイの症状をさらに悪化させる事態になってしまいます。

また、病気やケガで目を治療中の方や調子が悪いという方もケアプロストの使用は控えるようにしましょう。どうしても使いたいというのであれば、まずは眼科の医師に相談してから使用するようにしましょう。

敏感肌の方

ケアプロストの副作用としてかゆみやかぶれが起こることがあるというのは説明しました。そのため敏感肌の方は通常の方よりもこの副作用が出やすい環境にあります。

また、酷い方の場合は炎症を起こしてしまう可能性もあります。ケアプロストを使用する部分は皮膚の中でも敏感で一番デリケートであるまぶたです。何か問題が起こってからでは遅いのでまずは腕や手でパッチテストを行ってから大丈夫であれば使用するようにしましょう。

ケアプロストのご購入はこちら