グラッシュビスタというまつ毛育毛剤の効果や副作用、使い方を説明しています。ルミガンやラティースと成分、効果は全く同じとなっています。

美容の悩みを通販で改善

グラッシュビスタの効果

グラッシュビスタの効果

グラッシュビスタは日本国内では初となるまつ毛育毛剤として承認を得た薬です。ラティースルミガンとは違い正真正銘のまつ毛育毛剤と言えるでしょう。

グラッシュビスタはまつ毛の根元に塗るだけでまつ毛を長く、濃く、太くしてくれます。実際にグラッシュビスタを使用した7割以上の方が効果を実感したと報告があります。

グラッシュビスタはビマトプロストという成分を含んでおり、この成分がまつ毛のヘアサイクルである成長期という部分を延長してくれる効果があるためまつ毛が長くなるのです。

ヘアサイクルというのはまつ毛に限った話ではありません。髪の毛などの全ての毛にあります。

1本1本が成長期→退行期→休止期のサイクルで回り続けます。基本的にまつ毛が伸びる期間というのは成長期です。この成長期が終わると同時にまつ毛は伸びなくなり、あとは抜けるだけとなります。

そのためこの成長期を延ばしてあげるだけでまつ毛はいつもよりも長く、濃く、太くなるのです。

グラッシュビスタは簡単にまつ毛を伸ばす事ができますが、それは使用期間中のみとなります。グラッシュビスタの使用を急に辞めてしまうとまつ毛は元通りの長さとなってしまいます。

中断してすぐに元通りの長さになるというわけではなく、徐々に徐々に戻っていきます。ずっと長いまつ毛を維持したいのであれば継続した使用をおすすめします。

グラッシュビスタの効果をより高くする

グラッシュビスタの効果をより高くする

グラッシュビスタは使うことで簡単にまつ毛が伸びる薬です。最大限の効果を引き出すためにも以下の事は守って使用するようにしましょう。

専用アプリケーターを使用

グラッシュビスタには専用のアプリケーターというものがあります。これはアイライナーブラシと似たようなものです。アプリケーターがないという方はまつ毛や綿棒で代用して使うのも良いですが、グラッシュビスタの最大限の効果を引き出すためには専用のアプリケーターを使用するのが一番良いです。

綿棒の場合は液剤が吸収され、効果が半減してしまう事があります。そのため使用しているのに全然まつ毛が伸びないといったことにも繋がります。

また、専用のアプリケーターの場合は使い捨てとなっていますので、どれも清潔な状態で使用することができます。まつ毛のブラシなどで代用してしまい、そのブラシにばい菌が入っているとまぶたになんらかの感染症を引き起こしてしまう可能性も少なくはありません。

まぶたは他の皮膚とは違い、とてもデリケートな部分です。専用のアプリケーターもそこまで値段がはるようなものではないので感染症をおこさないためにも購入しておきましょう。

アプリケーターは1本使ったら必ず捨ててください。片目で1本なので1日両目の使用で2本使用することとなります。

肌をキレイにしておく

グラッシュビスタを使用前には必ず肌はキレイにしておくことです。メイクが残っている状態であれば必ず落としてください。またコンタクトレンズも必ず外しておくようにしましょう。肌をキレイにしておくことでグラッシュビスタの最大限の効果を引き出す事ができます。コンタクトレンズを着用しながらグラッシュビスタを使用してしまうと副作用を招いてしまう危険性がありますので注意してください。

まつ毛美容液と併用しない

グラッシュビスタをまつ毛美容液と併用している方も少なくはないですが、併用していると効果が半減してしまいます。それはグラッシュビスタの液剤がまつ毛美容液によって薄まってしまうためです。また、お風呂上がりなどで水分が残っている状態でも薄くなってしまう可能性がありますので、注意してください。

22時~26時の間に使用

22時~26時の間というのは発毛サイクルが一番活発になる時間帯です。これはまつ毛に限った話ではなく、髪の毛など全てが含まれます。そのため、この時間帯にグラッシュビスタを使用することで何倍も高い効果を得ることができます。

片目1滴ずつ

グラッシュビスタは片目1滴、両目では2滴だけで十分です。大量に使用したところで効果は一切かわりません。液剤が垂れてきてしまい、色素沈着の副作用がかなり強く出てしまう危険性がありますので絶対に1滴で済ますようにしてください。

下まつ毛に塗らない

グラッシュビスタを使用してまつ毛が伸びるのであれば、上下どちらも塗ってしまおうという方もいます。ですが、下まつ毛に使用したところで効果は一切変わりません。グラッシュビスタは上まつ毛に塗るだけで下まつ毛にも効果がしっかり行き渡ります。上下で塗るということで副作用が出てしまう危険性がありますので、必ず上まつげだけ塗るようにしましょう。

まつ毛育毛剤として承認されているメリット

グラッシュビスタはまつ毛育毛剤として日本国内では唯一承認されている薬と説明しました。ですが承認されているメリットとはどんなものなのでしょうか。

それはグラッシュビスタを使用してなんらかの被害があった場合、国から救済給付を受けられる可能性があります。

グラッシュビスタを使用して「目が失明した」となっても国から救済給付を受けられるとなれば安心ですね。ですが、これは必ずというわけではありませんので注意してください。いくつかの条件があるようです。

グラッシュビスタの副作用

グラッシュビスタの副作用

グラッシュビスタは基本的には正しい使い方を守っていれば副作用も全く出ることのない薬です。ですが、それも個人差があるため絶対に副作用が出ないとは言い切れません。報告のあった副作用をそれぞれ紹介していきます。

色素沈着

色素沈着というのはグラッシュビスタ以外にもラティースやルミガンといったまつ毛育毛剤の副作用としては一番報告があるものではないでしょうか。といっても必ず起きるものではありません。

色素沈着はシミや肌の黒ずみです。基本的に使い方を間違えなければ起きることはありませんが、大量に塗ってしまった場合などは液剤が垂れ、その液剤が肌に付着することで起きてしまう副作用です。

「早くまつ毛を伸ばしたい」という方や「今よりもっと濃くしたい」という方が多く塗ってしまいがちです。先程も説明した通り、グラッシュビスタを多く塗ったからといってまつ毛が早く伸びたりすることはありません。ただただ副作用のリスクを高めるだけです。

色素沈着は起きたとしても数日経てば治まりますが、美容クリームなどを使えば早く治せるようです。もし治らないというのであれば一度病院へ行き医師と相談するようにしましょう。

目の変化

グラッシュビスタはまつ毛の根本に塗るまつ毛育毛剤です。そのため、注意しなければ目に液剤を入れてしまう事となります。そうすると目のかゆみ、充血、また目の色が変化してしまうなんてことに繋がります。

かゆみはグラッシュビスタを使用するとすぐにあらわれてくる症状と言われています。ですが重大な副作用の前触れでもないので安心してください。大体1週間~2週間程度はかゆみが出てしまうかもしれませんが、すぐに治る症状とも言われているのでそこまで心配はいりません。

充血は約4%程度の方が発症してしまうと報告のある副作用です。これもかゆみと同じですぐに治る症状と言われています。ですが、全く治まらないというのであれば医師へ相談するようにしましょう。

目の色が変わるというのは重大な副作用といっても良いでしょう。このような症状は主に目に直接薬剤を投与した時におこる症状と言われています。

ですが、グラッシュビスタの場合は目に入れるものではなくまつ毛の根本に塗るものです。そのため目に入ってしまったとしてもそこまで多い量ではありませんので心配はいりません。ですが、1滴でならずかなりの量を塗ってしまった場合は目に入る量も変わって来ますでの必ず使い方は必ず守るようにしましょう。

体毛が濃くなる

グラッシュビスタの効果によりヘアサイクルの成長期が延長されるというのは説明しました。そのため、まつ毛以外の部分にも塗ってしまうとその部分だけ濃くなってしまう恐れもあります。ヘアサイクルはまつ毛だけではありませんので、グラッシュビスタを使用する際はまつ毛のみに塗るようにしましょう。

グラッシュビスタの使い方

グラッシュビスタの使い方としてはとても簡単です。専用のアプリケーターがあるならば、先端のブラシの部分にグラッシュビスタを1滴落とし、そのアプリケーターでまつ毛の根本を塗っていくだけです。

塗る際はゆっくり塗っていきましょう。焦って早く塗ってしまうと塗る量が均一にならない場合があります。またグラッシュビスタの使用前は必ずコンタクトレンズを外し、メイクは落とした状態にしておいてください。キレイな状態でないとグラッシュビスタの効果が半減してしまう事があります。

片方のまつ毛を塗る終えたならもう一方のまつ毛を塗るようにしましょう。この時使ったアプリケーターは捨てて新しいアプリケーターにしてください。

やり方としては同じでグラッシュビスタを1滴アプリケーターの先端のブラシの部分に落としまつ毛の根本に塗っていってください。

下記の動画はルミガンの使用動画になりますが、使い方はグラッシュビスタも同じなので参考にしてみてください。

グラッシュビスタとラティース

グラッシュビスタとラティース

グラッシュビスタとラティースはどちらもまつ毛を伸ばす効果のある薬です。どちらも成分はビマトプロストを含んでおり、効果や副作用、使い方といったものは全て同じとなっています。ビマトプロストの内容量も同じになっているのでまつ毛への効果というのはどちらも変わりません。

ですが、グラッシュビスタはまつ毛育毛剤として承認されている薬、ラティースは緑内障の治療薬として承認されている薬です。アメリカの場合はラティースもまつ毛育毛剤として承認されています。

グラッシュビスタはまつ毛育毛剤として承認されているためグラッシュビスタを使用した際に何か被害があっても国から救済給付を受けられる可能性があります。ですがラティースの場合はそれができません。

どちらもまつ毛への効果というのは同じですが、被害にあった時を考えるとグラッシュビスタの方が良いのかもしれません。

また値段も少し変わってきます。ラティースの場合は平均15,000円程度ですが、グラッシュビスタの場合は約10,000円弱~20,000円程度となっています。それも一個の値段ということなのでかなり高い事が分かります。まつ毛育毛剤として承認を受けている分高くなるということなんですかね。

ラティースの副作用

グラッシュビスタとルミガン

グラッシュビスタとルミガン

グラッシュビスタとルミガンの違いはほとんどありません。ラティースも含まれますが、成分はビマトプロストを含んでおり、効果、副作用、使い方は全て同じです。どちらもまつ毛を伸ばす効果には期待できます。

先程も記載したようにグラッシュビスタはまつ毛育毛剤として承認されています。ラティースもアメリカのみですが、まつ毛育毛剤として承認されてます。ですがルミガンは承認されていません。

ルミガンは緑内障、高眼圧症の治療薬としてのみ承認されている現状です。だからといってまつ毛への効果は小さいなんてことはありません。実際にルミガンでまつ毛を伸ばしているという方も多く存在します。

値段の違いでいうと明らかです。グラッシュビスタは約10,000円弱~20,000円程度となっていましたが、ルミガンの場合は約3,000円程度です。通販で購入することでもっと安くなります。

ここまで値段も変わってきて効果も同じならルミガンの方が断然お得ですね。加えてルミガンのジェネリックであるケアプロストビマトアイドロップの場合はもっと安くなります。ルミガンジェネリックなら10倍近く差が出てしまいます。

グラッシュビスタの効果をもっと安く得たいという方ならルミガンをおすすめします。

ルミガンの正しい使い方

ルミガンのご購入はこちら

グラッシュビスタの通販

まずグラッシュビスタは病院やクリニックで処方してもらう事はできますが、薬局やドラッグストアでは購入することはできません。それはグラッシュビスタは医療用医薬品扱いとなるため医師の処方せんが必要なのです。

処方せんが必要となるため当然ですが楽天やamaozonといった通販サイトでも取り扱いはありません。病院やクリニックに行くしかないかと思うかもしれないですが、グラッシュビスタと同じ効果でもっと安い薬があります。それがルミガンです。

ルミガンは先程も記載したようにグラッシュビスタと同じ成分を含んでいるので効果や副作用は全て同じとなっています。基本的にはルミガンも病院やクリニックで処方してもらわなければなりませんが、個人輸入代行の通販サイトならルミガンは購入出来るのです。

個人輸入代行の通販サイトとなるのでもちろん楽天やamazonには販売されていません。グラッシュビスタとルミガンはどちらも同じ成分で同じ効果なのでグラッシュビスタをかなり安く購入できるような感覚です。

グラッシュビスタの値段

グラッシュビスタの値段というのはその病院やクリニックによってピンキリですが、最低でも10,000円程度からです。といってもだいたいが20,000円程度の値段になっているのではないでしょうか。

1本でここまで高いと継続的な使用は難しいと感じてしまうかもしれません。ですがグラッシュビスタと同じ成分、効果のルミガンなら1/10程度の値段で購入することができます。

また、ルミガンのジェネリックならもっと安く、1本1,000円もしないものもあります。これならそこまで痛い出費ではないので継続的な使用も出来るでしょう。

実際にルミガンでまつ毛を伸ばしているという方も大勢いますので効果がなかったり、副作用が強く出てしまうなんてことはありません。気になる方は1度購入して試してみても良いかもしれません。

ルミガンのご購入はこちら