グラッシュビスタというまつ毛育毛剤の副作用について記載してます。成分はビマトプロストなのでルミガンやケアプロストと同じです。

美容の悩みを通販で改善

グラッシュビスタの副作用

グラッシュビスタの副作用

グラッシュビスタは基本的には正しい使い方を守っていれば副作用も全く出ることのない薬です。ですが、それも個人差があるため絶対に副作用が出ないとは言い切れません。報告のあった副作用をそれぞれ紹介していきます。

色素沈着

色素沈着というのはグラッシュビスタ以外にもラティースルミガンといったまつ毛育毛剤の副作用としては一番報告があるものではないでしょうか。といっても必ず起きるものではありません。

色素沈着はシミや肌の黒ずみです。基本的に使い方を間違えなければ起きることはありませんが、大量に塗ってしまった場合などは液剤が垂れ、その液剤が肌に付着することで起きてしまう副作用です。

「早くまつ毛を伸ばしたい」という方や「今よりもっと濃くしたい」という方が多く塗ってしまいがちです。先程も説明した通り、グラッシュビスタを多く塗ったからといってまつ毛が早く伸びたりすることはありません。ただただ副作用のリスクを高めるだけです。

色素沈着は起きたとしても数日経てば治まりますが、美容クリームなどを使えば早く治せるようです。もし治らないというのであれば一度病院へ行き医師と相談するようにしましょう。

目の変化

グラッシュビスタはまつ毛の根本に塗るまつ毛育毛剤です。そのため、注意しなければ目に液剤を入れてしまう事となります。そうすると目のかゆみ、充血、また目の色が変化してしまうなんてことに繋がります。

かゆみはグラッシュビスタを使用するとすぐにあらわれてくる症状と言われています。ですが重大な副作用の前触れでもないので安心してください。大体1週間~2週間程度はかゆみが出てしまうかもしれませんが、すぐに治る症状とも言われているのでそこまで心配はいりません。

充血は約4%程度の方が発症してしまうと報告のある副作用です。これもかゆみと同じですぐに治る症状と言われています。ですが、全く治まらないというのであれば医師へ相談するようにしましょう。

目の色が変わるというのは重大な副作用といっても良いでしょう。このような症状は主に目に直接薬剤を投与した時におこる症状と言われています。

ですが、グラッシュビスタの場合は目に入れるものではなくまつ毛の根本に塗るものです。そのため目に入ってしまったとしてもそこまで多い量ではありませんので心配はいりません。ですが、1滴でならずかなりの量を塗ってしまった場合は目に入る量も変わって来ますでの必ず使い方は必ず守るようにしましょう。

体毛が濃くなる

グラッシュビスタの効果によりヘアサイクルの成長期が延長されるというのは説明しました。そのため、まつ毛以外の部分にも塗ってしまうとその部分だけ濃くなってしまう恐れもあります。ヘアサイクルはまつ毛だけではありませんので、グラッシュビスタを使用する際はまつ毛のみに塗るようにしましょう。

グラッシュビスタを使用できない人

グラッシュビスタを使用することで重篤な副作用が出るとされているため、使用することが出来ない方が存在します。以下に該当する方は絶対にグラッシュビスタを使用しないようにしてください。

敏感肌の人

肌が弱かったりする方はグラッシュビスタを使用することで色素沈着が出やすかったり、その他にもかゆみ、赤み、肌荒れなどを引き起こしてしまう危険性がありますので、グラッシュビスタの使用は控えるようにしてください。グラッシュビスタというのはまつ毛の根元に塗るものです。

そのため、慣れないうちは肌に付着してしまったり、多く塗りすぎて液剤が垂れてしまったりなど起こしてしまうかと思います。そのような場合に敏感肌の方ですと、液剤が肌に作用し、その部分が肌荒れを起こしてしまう原因となります。

以前にまつげ美容液などを使っていても何も問題なかったから大丈夫というわけにもいきません。グラッシュビスタに限らずまつ毛育毛剤には全てビマトプロストという成分が含まれています。このビマトプロストという成分が原因となって引き起こしてしまうものとなりますので、まつげ美容液が大丈夫だったといってもグラッシュビスタなどのまつ毛育毛剤では色素沈着や肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性があります。

自分が使えるのかどうか分からないという方は可能であれば、まずはパッチテストを行ってからグラッシュビスタを使用するようにしましょう。

目に病気を持っている人

目に異常がハッキリと分かる方であったり、目の周りに傷、炎症、腫れなどがある方はグラッシュビスタの使用は控えなければなりません。グラッシュビスタに含まれているビマトプロストというのは、元々緑内障の薬の成分として開発されていました。

そのため、ただの目薬というわけではないのです。このビマトプロストが目に入ることにより、元々持っていた病気をさらに悪化させる危険性があります。自分ではっきりと目に何か異常を抱えているという方はグラッシュビスタは使用しないようにしてください。

妊婦、妊娠している可能性のある人

グラッシュビスタに含まれているビマトプロストという成分が妊婦、または妊娠している可能性のある方に使用してはいけないとされているのです。これはなぜなのか。実際、妊娠中の方にビマトプロストを使用して副作用が出てしまったという報告はありません。

ですが、これは報告がないのではなく実験として人間の妊婦の方に試していないためです。そのため、妊娠中の方がビマトプロストを使用することは安全性が保証できないとされており、使用禁止となっているのです。

人間の妊娠中の方では試してないですが、マウス実験、いわゆるネズミを使った実験では硫酸が認められています。ビマトプロストを使用しただけでこのような重大な副作用が現れてしまうのです。

また、もう1つの実験で、母乳からビマトプロストの成分が確認できたという報告もあります。ということは、妊娠中の方がグラッシュビスタを使用することでビマトプロストが赤ちゃんに渡ってしまうという危険性があるのです。このような結果が出ているため、日本ではグラッシュビスタを含めたまつ毛育毛剤は妊婦、または妊娠している可能性のある方は使用することはできないのです。

また、授乳中の際も控えるようにしましょう。先程も説明したように、母乳からビマトプロストの成分が確認できているため、赤ちゃんに渡ってしまう可能性が大いにあります。

グラッシュビスタの効果はこちら