まつ毛美容液で失明するという噂の真相とまつ毛美容液の効果・使用上の注意点について解説します。

美容の悩みを通販で改善

まつ毛美容液で失明する?噂の真相と注意点

女性

まつ毛美容液とはまつ毛に直接塗ることで傷んでしまったまつ毛をケアする事が出来る美容液です。

1本およそ1000円~2000円の値段で販売されているので手軽に買う事が出来ます。最近まつ毛美容液がとても流行っていて、某育毛シャンプーの会社もまつ毛美容液を出して今とても人気となっています。髪の毛のケアをするのと同じように痛んだまつ毛をケアするのです。

今まつ毛美容液は国内だけでも100種類以上販売されており、かなり一般的となってきました。ではこのまつ毛美容液、実際の効果とはどのようなものなのでしょう?

その他にもボリュームのあるまつ毛にするために、まつ毛の育毛や増毛効果のあるまつ毛育毛剤である「ルミガン」を使っている方もいます。

まつ毛美容液とは違いルミガンのようなまつ毛育毛剤を使うことで、今よりもボリュームのある長いまつ毛を手に入れることができます。

まつ毛美容液と検索すると必ず出てくるのが「失明」というワードです。これはまちがった情報が錯乱してしまいイメージがついたものなのです。

もちろん絶対に失明しないというわけではありませんが、失明するリスクは少ないと思われます。では何故このような間違った情報が広まってしまったのか。

実際に失明した方がいるのか調べてみました。

ルミガンの詳細はこちら

まつ毛美容液で本当に失明するの?

女性

今よりももっとまつ毛の「長さが欲しい」「ボリュームが欲しい」「太さが欲しい」と思っている方が多く、女性誌やテレビコマーシャルなどでもまつ毛美容液について紹介されています。

まつ毛美容液を使いたいけど、まつ毛美容液で失明するという噂を聞いて怖くて使うことを悩む方も少なからずいるのではないでしょうか。

化粧品として分類されているまつ毛美容液は、目を失明させるような危険な成分は含まれていません。全ての化粧品は認可されている成分だけで製造されていますので万が一、その成分が口の中に入ってしまっても問題が無いように作られています。

まつ毛美容液の中には医薬品として眼科で処方される製品もあります。ご存知の方もいると思いますが高眼圧症・緑内障の治療で『ルミガン』を使った方が「ビマトプロスト」という成分の影響でまつ毛が伸びた事から、『グラッシュビスタ』というまつ毛貧毛症治療薬が作られました。

薬なので当然、副作用も起こる可能性があります。ルミガンには「視力低下」「目の充血」「眼圧低下」などの副作用が報告されていて、その副作用が「失明する」というウソの情報が流れたのだと思います。

これまでに、まつ毛美容液を使って目を失明したという報告はありません。当然、正しくない使い方をしてしまうと最悪の場合、眼球を傷つけてしまうリスクがありますので使い方にも注意する必要があります。

リバイタラッシュの成分は失明する?

前述ではまつ毛美容液で失明した事実はないと記載しましたが、過去にまつ毛美容液であるリバイタラッシュが商品を回収した事がありました。

当時のリバイタラッシュには緑内障の治療で使用されていたビマトプロストという成分が入っていて、その成分が失明する危険があったことでニュースにも大きく取りあげられた事で、まつ毛美容液は失明するという悪い噂が広がったのかもしれません。

現在のリバイタラッシュはリニューアルされていますので、失明するという事実はなく安全です。

目の痛み、炎症、充血が起きる

まつ毛美容液はまつ毛育毛剤と違って化粧品という位置づけです。だからといって完全に安全というわけでもありません。正しい使い方をしていなかったり、体質によっては副作用が出てしまう危険性もあるのです。

まぶたというのは皮膚が薄く、顔の中では一番デリケートな部分と言われています。そのため、まつ毛美容液を使用する際は自分に合ったものを選ばなければトラブルが起こってしまいますので注意してください。

まつ毛美容液を使用していて報告される副作用としては目の痛み、炎症、充血といったものです。まつ毛美容液は眼球にダメージを与えるような成分は含まれていません。ですが、目に入ってしまうと痛み、炎症、充血などを引き起こしてしまう危険性があります。

まつ毛に塗るだけなら何も問題はありませんが、もし目の中に液剤が入ってしまった場合のみこのような副作用が現れる可能性があります。

まつ毛美容液で失明する危険性はないと説明しましたが、何回も目に入り、角膜炎を起こし続けてしまうとなると失明してしまう可能性もなくにはないでしょう。

もし痛みや充血がひどかったり、角膜炎が治らないといった場合はすぐに眼科へ生き、専門の医師に診てもらうようにしましょう。

まつ毛美容液の注意事項

女性

まつ毛美容液は「化粧品」と「医薬品」のどちらかに位置づけられていますので、医薬品に位置づけされているまつ毛美容液は副作用の症状が現われる可能性があります。

まつ毛美容液は、まつ毛の根元に付けるものなので使う際は注意する必要があります。

使う前にパッチテストをする

もともと肌が弱い方やアレルギー体質の方がまつ毛美容液を使うと、少々刺激を感じる事があります。これはまつ毛美容液に限らず、洗顔料や化粧水、ファンデーション等でも起こりえる事です。

敏感肌で不安な方は、使用する前にパッチテストをして自分自身に合っているか確認してから使うことをおすすめします。

パッチテストの方法は、まつ毛美容液を二の腕や太ももの内側など皮膚がやわらかい部分に10円玉くらいの大きさを塗り24時間そのままにして、かゆみや赤みが出るかを確認して下さい。

正しいパッチテストは以下の方法になります。

1,夜(入浴後)に適量のまつ毛美容液を二の腕の内側に塗ってください。
2,24時間様子を見ます。この時に腫れや赤み、かゆみが出てないか確認してください。
3,上記で問題なければフェイスラインに少量塗って同じように腫れ、赤み、痛みが出ないか確認してください。

これがまつ毛美容液のパッチテストとなります。この時に炎症などの異常が見られた場合はすぐに洗い流して中断しましょう。洗い流しても症状が続くのであれば病院へ行き医師へ相談するようにしましょう。

また、パッチテスト中に腫れ、赤み、かゆみが出てしまった場合は自分にその化粧品は合っていないという証拠です。そのためその化粧品は避けるようにしましょう。

コンタクトレンズを外して使う

目にとってコンタクトレンズは異物ですので、まつ毛美容液をつけたときにデリケートな目の粘膜に負担をかける事や刺激をあたえる事は目にとっていい事ではありません。ですからコンタクトレンズをつけている方は、必ずコンタクトを取り外してから使って下さい。

目の周りの皮膚はとても薄いため、まつ毛美容液を使う際はコンタクトレンズをきちんと外してからつけること。またまつ毛美容液をつけたあとにコンタクトレンズを装着する場合は、美容液がまつ毛や目元に浸透するまでしばらく時間を置くようにすると良いでしょう。

まつ毛の根元以外にはつけない

まつ毛美容液は、できるだけまつ毛の根元以外の皮膚につかないようにして下さい。

手が滑って他の皮膚に美容液がついてしまった場合は、綿棒やテッシュ等できちんと拭取り、水で洗い流せば色素沈着を防ぐ事ができます。

万が一、皮膚がかぶれたり痛みを感じる事が続いた場合は眼科または皮膚科へ行き医師の診断を受けて下さい。

まつ毛美容液を清潔に保つ

毎日まつ毛美容液を使い続けていると、透明だったまつ毛美容液が徐々に濁りだす事があります。変色する原因は、キレイに化粧を落としきれていなかったり、まつ毛美容液を使う前に化粧水などを使った時の油分がまつ毛美容液に混ざってしまう事で濁ります。

まつ毛美容液は目のデリケートな部分に使用するものですので、美容液が濁ってしまうのは衛生的に良くありません。清潔な状態を保つために、まつ毛美容液を使う前は必ずキレイに化粧を落とすこと。

まつ毛美容液を使った後はブラシやチップの部分をテッシュ等で拭取ってからしまうと、まつ毛美容液の変色を防ぎ清潔に保つ事が出来ます。

またキレイに化粧を落とした状態でまつ毛美容液を使うことで、美容液の成分がきちんと浸透してくれるので効果も実感しやすいです。

用法用量を守る

まつ毛美容液を使っている方で「早くバサバサのまつ毛になりたい」「早くまつ毛が伸びて欲しい!!」と早く効果を実感したいという気持ちから、1回に使うまつ毛美容液の量を増やしたり、1日の使用回数を増やす方がいます。

しかし多く塗ったからといって1日や2日で効果が出るわけではありません。1日でも早くまつ毛を「長くしたい」「ボリュームが欲しい」という気持ちはわかりますが、1回に使う量が多くて色素沈着などの副作用を起こす事もありますので、用法用量はしっかり守りましょう。

肌が敏感な時期は使わない

敏感肌やアレルギー体質の方はもちろん、体調が優れない時や生理中は肌が敏感になります。日頃使ってて大丈夫なまつ毛美容液でもピリピリしたり目の周りが赤くなる事もありますので、できるだけ肌が敏感な時期はまつ毛美容液の使用を控えるようにすると良いでしょう。

副作用のリスクを減らす方法

まつ毛美容液は化粧品という位置づけですが、絶対に副作用が出ないというわけでもありません。使用している成分も商品によっては異なってくるため、自分に合ったものを使うようにしましょう。

また、まつ毛美容液を塗る際はまぶたをキレイにしておいたり、コンタクトレンズを付けているのなら外しておくことで副作用のリスクというのはかなり減らすことができます。

まぶたというのは皮膚が薄く、顔の中では一番デリケートな部分になります。まぶたや目を傷つけないためにもまつ毛美容液を使用する際はまぶたをキレイにしておいてから使用しましょう。

まつ毛美容液の効果

顔

まつ毛美容液の効果を語る上で大事な事は、まつ毛育毛剤や増毛剤とは効果が異なるという事です。あくまでも美容製品の為医学的根拠はありません

化粧品ですのでそこは注意しておきましょう。まれにまつ毛美容液の広告でまつ毛が生えたり 伸びたり増えたりしたなどなどを耳にしますが根拠がないものなのです。

髪の毛の美容クリームで髪の毛が伸びたり増えたり生えたりしたと言ってるようなものです。

まつ毛美容液の成分を見てみると基礎化粧品などと同じような成分が入っており、育毛成分や増毛成分などは一切含まれていませんでした。

グリセリンや、ヒアルロン酸などの美容成分ですので育毛するはずはありません。もちろん美容目的として、保湿効果や修復効果などは期待できると思われます。

まつ毛も長年のマスカラやビューラーによって痛んだりしてしまっているのでケアは重要だと思います。しかしまつ毛を育毛させるためにはなんら期待しないほうがよさそうです。

じつは医薬品でなければ育毛や増毛などの言葉は使用してはいけないことになっています。そこで登場したのが「まつ育」です。

まつ育ときくと、ん?まつ毛の育毛?などと捉われがちなのでそこも頭のよい商戦商法だと思います。

まつ毛が伸びない

雑誌や口コミ・体験談などで「まつ毛が伸びた」「まつ毛にボリュームが出た!」という事が記載されていたりしますが、それは痛んだまつ毛が元もとの長さ、量になって元に戻っただけです。

美容の悩みを持っている女性は多く、特に大きな瞳に長いまつ毛に憧れる女性は毎日一生懸命ビューラーでまつ毛をあげたり、長さとボリュームを出すためにマスカラを何度も重ね塗っている方も少なくないはずです。

これを毎日繰り返していると、まつ毛が痛んで抜けたりとダメージが積み重なり、短く細いまつ毛になるのです。

ここ最近は化粧を落としても大丈夫なまつ毛エクステをつける人やまつ毛パーマをする人も増えてきましたが、これも毎月のように行っているとまつ毛に負担がかかりダメージを与えてしまいます。

それをまつ毛美容液を使うことで、まつ毛が生き返り元々の長さと量を取り戻すことができます。

これは痛んでしまったまつ毛が健康な状態に戻り、本来のまつ毛に戻っただけであってまつ毛美容液でまつ毛育毛剤のような育毛効果はありません。

ですから育毛効果を求めるのであれば、まつ毛美容液を使っても意味がありません。

まつ毛美容液はこんな人にオススメ

・定期的にまつ毛エクステをしている人
・まつ毛が傷んで以前と比べて細くなった人
・まつ毛が傷んで以前と比べると短くなった人
・まつ毛が抜けやすい
・毎日ビューラーを使っている人
・マスカラを何度も重ね塗りする人

このような人たちはまつ毛がダメージを受けて、まつ毛にハリやコシがなくなり本来の健康なまつ毛を取り戻すことがむずかしいです。まつ毛美容液を毎日使うことでハリ・コシのある健康なまつ毛を取り戻すことができます。

しかしながら、自まつ毛よりも長くボリュームのあるまつ毛が手に入れたくて育毛効果を求めるのであれば、やはりルミガンのようなまつ毛育毛剤を使う方が良いでしょう。

ルミガンの詳細はこちら

まつ毛美容液の効果的な使い方

化粧品

まつ毛美容液は自まつ毛をケアし、傷んで細くなってしまったまつ毛を元もとの太さ・ハリ・長さを取りもどす事が出来ます。ただ単に使っても効き目を実感する事は出来ません。

まつ毛美容液の塗り方のポイントを知った上で使用した方が、より効き目を実感する事が出来ます。

洗顔後に使う

長いまつ毛に憧れている女性の多くは、美に関する意識が高いので毎日化粧をしています。

夜まつ毛美容液を使うのであれば、必ず化粧落としでしっかり化粧を落として化粧水や美容液、クリームなどをつける前にまつ毛美容液を塗りましょう。

化粧水や美容液、クリームをつけた後にまつ毛美容液を使うと、成分がきちんとまつ毛の根元に届かない可能性があります。

同じく化粧をしっかり落としきれていない状態で使用しても、効き目を実感する事が出来ませんので、まつ毛美容液を使う前は必ずきちんと化粧を洗い落とす事。

化粧水などをつける前に塗る事で、より効き目を実感する事が出来ます。

根元に塗る

まつ毛は根元の毛根細胞に栄養をたくわえて、毛先へ栄養が送られます。ですから根元ではなく毛先に塗ると十分な栄養がまつ毛全体に行き届きません。

またルミガンのような育毛効果のあるまつ毛美容液を使うと、産毛のような短くて細いまつ毛にも栄養を送ってくれます。ですから、こうした産毛にもきちんと塗ってあげましょう。

毎日使う

まつ毛美容液はたった1回塗っただけでは効果を得る事は出来ません。毎日かかさず使う事で健康的なまつ毛になります。

物によって違いはありますが、ほとんどの商品は朝と夜の2回使うものが多いです。

まつ毛の生え変わり周期もありますし、まつ毛の状況によってはすぐに効果を得る事が出来ない方もいます。

友人やネットでの口コミで「3週間でまつ毛にハリが出た!」「1ヵ月使用してたらまつ毛が生えてきた」という情報を知り、その期間に効果を得る事が出来ず、使うのをストップしてしまえばそれまでです。

多くのまつ毛美容液は1本、2ヵ月分の量ですので少なくとも美容液1本使い切るまでは使い続けてまつ毛の様子を観察すると良いでしょう。

もちろん、まつ毛美容液は化粧品に分類されている為、洗顔料や化粧水などと同様に人によって合う・合わないはあります。使用後に、かゆみや腫れといった症状がでた場合にはすぐに使うのをやめて、皮膚科などで受診して下さい。

目の中に入らないように塗る

まつ毛美容液は目の周りに使う事を目的として作られた物ですので、多少目の中に入ってしまっても大丈夫です。

ですが、美容液が目の中に入ると、充血したり目やにが増加する事もあります。

その他にも美容液のブラシや筆などが目に入ると眼球を傷つけてしまうので気をつけましょう。

まつ毛美容液が少しでも目に入るのが不安という方は、まつ毛美容液に入っている成分をきちんと確認し目の中に入っても問題ない物を選ぶとより安心です。

特に最近は100円均一や1000円以内で売っている商品も多いので、購入する前にご自身で成分などを調べましょう。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の併用

まつ毛美容液は育毛、増毛は医学的根拠がありませんので期待できません。ですが保湿や修復効果などには期待できます。まつ毛育毛剤はその名の通りまつ毛を育毛、増毛してくれる薬です。

それならまつ毛美容液とまつ毛育毛剤を併用すれば完璧なまつ毛が得られるのでは?と考える方もいると思います。実際この2つの併用は禁止されているわけではありません。

ですが、注意しなければならない点があります。どちらもまつ毛に塗る時は同じ状況下です。まぶたをキレイにし、コンタクトレンズを付けているなら外して塗ります。

その時に同時に塗ってしまうと2つの液剤が混ざってどちらの効果も半減してしまいます。まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の併用は特に禁止されているわけではないですが、それぞれ塗る時間を変えて使用するようにしましょう。

ルミガンとの比較

女性

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤では異なるという説明をしましたがルミガンとの比較で、もちろん医薬品ですので育毛剤に分類されます。

まつ毛が伸びたり増えるという医学的根拠の元まつ毛をのばす適応アメリカ食品医薬品局によって承認されているのです。

つまりアメリカでルミガンをつけると育毛効果を得ることができます。と断言されているという事になります。

ルミガンの製造会社であるアラガン社は化粧品薬としてルミガンの臨床試験を行っており、2008年にFDA皮膚科、眼科薬諮問委員会がまつ毛を濃くそして長くするという目的でルミガンの有効成分を承認したのです。

国の公的機関が効能を認めているのでルミガンとまつ毛美容液の違いは明確となっています。実はルミガンに対する医学的用語がまつ毛貧毛症という症状に適用されるのですが、FDAは重水に美容の目的のために承認したと考えられています。

ルミガンの詳細はこちら

まつ毛美容液の種類

美容品

まつ毛美容液にも様々な種類が存在します。まず成分が違うのもそうですが、まつ毛に塗るブラシの部分も種類によって異なってきます。

アイチップタイプのものや、筆タイプ、ブラシタイプなど大きく分けると3種類あります。それぞれ使いやすさなどが異なってくるので自分が使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

アイチップタイプ

意外にこのタイプは多くグロスなどに使われているようなものが多いです。しかし量が他の物に比べて調整しにくい、まつ毛の全体には塗りにくいという面がマイナスポイントとなっています。

筆タイプ

先が細くなっている為、根元に塗るときに塗りやすくなっています。量も調整しやすいので目に入りにくく、下のまつ毛などにも使えます。しかしやはりまつ毛全体には塗りにくいので、まつ毛自体のケアには難しいでしょう。

ブラシタイプ

マスカラと同じような形状をしているためまつ毛全体に塗ることができます。しかし根元部分には塗りにくくなっています。まつ毛に何かつけている場合は引っかかってしまう恐れがあります。

まとめ

これまでまつ毛美容液は失明すると誤解してた方もいたと思いますが、まつ毛美容液で失明した報告は今まで一度もありません。

今後も絶対に失明しないという確証はありませんが、目を失明するリスクは少ないと言ってもいいでしょう。しかし、販売元のわからない安い値段の美容液は要注意です。

目の周りの皮膚や、眼球自体は非常に繊細でかなり刺激の弱い部分です。その部分に対して突然アレルギーなどを引き起こす方もいます。

まつ毛美容液以外でも目元は常に綺麗に、清潔でいるようにしましょう。