まつ毛育毛剤は通販で購入するのが一番お得です。ルミガンも安く購入でき、ジェネリックもあるので出費を抑えたいという方にはおすすめです。

美容の悩みを通販で改善

まつ毛育毛剤は通販がおすすめ

美容の悩み

まつ毛育毛剤とはその名の通り、まつ毛を長く育ててくれる薬です。病院などでも処方してもらう事はできますが、値段はかなり高くなってしまいます。1回病院へ行き処方してもらうのに10,000円以上は必ず飛ぶと思っていても良いでしょう。その値段設定のせいでまつ毛を伸ばしたいけど諦めているという方も多いのではないでしょうか。ですが、通販を利用しまつ毛育毛剤を購入すればかなり安く済みます。この1/10程度で済ませることも可能なのです。安いからといって効果が全然出ないなんてことはありません。病院で処方してもらえるまつ毛育毛剤と成分も全て同じとなっているので安心です。

まつ毛育毛剤のルミガンを筆頭に海外で販売されている医薬品の通販サイトは個人輸入として、個人で使用する場合に限り一般的な通販と同じように専門サイトでスマホなどで簡単にクリックだけで注文ができるのです。さらに同じ成分を使用しているジェネリック医薬品を選択すると同じ効果ながらお得な値段で購入することができます。同じ効果でさらに安い値段であればお得ですよね。病院やエステ、クリニックに行かなくてもこれらの医薬品を通販で購入する事ができるのです。はじめて知ったという方はこの機会にまつ毛育毛剤を通販で購入していみても良いのではないでしょうか。

まつ毛育毛剤のルミガン

まつ毛育毛剤のルミガン

欧米などで一般的に愛用されているルミガンというまつ毛育毛剤があります。短いまつ毛や隙間のあるまつ毛に対しての悩みをルミガン1本で解決する手助けをしてくれるのです。ルミガンの臨床試験では使用を初めて4か月ほどで試験者の約8割が明らかなまつげの育毛を感じることができたとなっています。ルミガンはまつ毛育毛剤ではなく緑内障のための目薬として認可されています。そのため日本では眼科などで処方してもらうことができます。

ルミガンはあくまでも緑内障のための目薬として扱われています。ラティースやグラッシュビスタのようなまつ毛育毛剤と含まれている成分は全く同じですが、まつ毛育毛剤としての位置づけではないので美容目的では購入することはできません。美容クリニックなどでは美容目的で購入する事はできますが保険が適用されない医薬品のため非常な高価なものとなっているのです。安く購入するためには通販サイトを利用すると便利です。ルミガンは海外では一般的に販売されているので通販で購入することができます。通販の場合は美容クリニックなどへ行き購入するよりもかなり安く手に入れる事ができます。通常病院で処方してもらう場合は4,000円~ですが、通販の場合は1,500~2,000円程度です。ここから分かる通り、ルミガンは通販を利用するだけで50%OFFで購入することができるのです。海外セレブなどは濃いまつ毛をさらに濃く長くするためにルミガンを使っているようです。

ルミガンの詳細はこちら ルミガンのご購入はこちら

ルミガン以外のまつ毛育毛剤

ケアプロスト

ケアプロスト

ケアプロストというのはサンファーマ社という会社が開発したまつ毛育毛剤となっています。まつ毛育毛剤としてかなりの効果を期待できるルミガンのジェネリックです。そのため成分、効果は全て同じです。安価で購入することも可能となっており、ルミガンの半額で購入できます。そのためルミガンと同等の人気を誇っているまつ毛育毛剤です。ルミガンを使用していた方なら使用方法も同じなのでケアプロストに乗り換えてみても良いでしょう。

ケアプロストの詳細はこちら ケアプロストのご購入はこちら

ビマトアイドロップ

ビマトアイドロップ

ビマトアイドロップというのはアジャンタファーマ社が開発したまつ毛育毛剤です。ケアプロストと同じでルミガンのジェネリックとなっています。そのため成分や効果といった部分は全て同じになっているので安心して使用することが出来ます。臨床実験の結果、80%の方が効果を実感できたと報告があるのでまつ毛を伸ばしたいという方は使ってみるのも良いでしょう。また、このビマトアイドロップはルミガンはもちろん、ケアプロストよりも少々安く購入できるので少しでも出費を抑えたいという方はおすすめです。

ビマトアイドロップの詳細はこちら ビマトアイドロップのご購入はこちら

ラティース

ラティース

ラティースとはアラガン社が開発したまつ毛育毛剤です。まつ毛の発毛や育毛に効果があるとFDA(米国薬品局)に認可された唯一のまつ毛育毛剤となっています。ですが、日本では厚生労働省の認可がおりていないため販売はされていません。通販で購入することはできますが、かなり高いです。相場で約13,000円程もしてしまいます。ルミガンの約10倍程度の値段となっています。成分はビマトプロストというルミガンと同じ成分が同じ用量で含まれています。ルミガンの場合は緑内障のための目薬という位置づけでしたが、ラティースはまつ毛育毛剤として認可されています。ですが値段も高く成分も同じならルミガンを使用した方がお得かもしれません。

ラティースの詳細はこちら

グラッシュビスタ

グラッシュビスタ

グラッシュビスタとはラティースが厚生労働省の認可を受け名称を変えて新たに生まれ変わったまつ毛育毛剤です。実際に厚生労働省が認可しているので日本で唯一のまつ毛育毛剤と言えるでしょう。何か副作用が怖い、不安だという方はグラッシュビスタが良いでしょう。ですが、ラティースと同じでグラッシュビスタはかなり高いです。その病院によっても変わってきてしまいますが、下手したらラティースよりも高く設定されている病院が多いのではないでしょうか。それでいてルミガンやラティースと含まれている成分は同じです。ルミガンの10倍以上の値段となりますので長期的に購入するというのは少し痛いかもしれません。

グラッシュビスタの詳細はこちら

まつ毛育毛剤以外でまつ毛を伸ばす

まつ毛育毛剤で簡単に伸ばす

まつ毛を伸ばすのにはまつ毛育毛剤が一番簡単でリスクもありません。まつ毛育毛剤の効果というのは単純にまつ毛を伸ばすというわけではなく、ヘアサイクルの成長期を延長させる効果があるのです。成長期が長くなるということは確実に今まで以上にまつ毛が成長することとなります。まつ毛育毛剤で一番有名なのはルミガンです。その他にもケアプロストやビマトアイドロップなどあります。どれも同じ成分を使用しているので効果は同じです。

ルミガンは元々緑内障の治療薬として登場しましたが、副作用でまつ毛が伸びたということもあって今ではまつ毛育毛剤としてルミガンは多くの方に使用されています。ケアプロストやビマトアイドロップはルミガンのジェネリックとなるため効果は同じでかなり安く購入することができます。値段でいうなら一番はビマトアイドロップがおすすめですね。

マスカラ・ビューラーの使用

マスカラ・ビューラー

まつ毛を伸ばしたり、量を多く見える方法として一番身近な存在がマスカラやビューラーを使う方法です。これはシンプルに化粧の一環で塗れば塗るほどまつ毛が多く、ビューラーはすればするほどカールすることができます。マスカラにも様々種類が販売されていますが値段もピンからキリまでと多種多様で、費用や用途によって使い分ける事ができます。マスカラは手軽な反面、化粧崩れとなってしまうことが多く瞼や下まぶたあたりに毎日のようについてしまい、色素沈着してしまっている人もいます。ウォータープルーフもたくさんありますが、それでも絶対に落ちないものはないのです。マスカラやビューラーは毎日するものですが、時間がない場合には省かれやすい化粧ですし、まれに電車などでしている人もみまけます。手軽にできる分時間も毎日かかってしまっています。

まつ毛植毛

美容外科クリニックなどでまつげを植毛することができます。まつ毛の植毛はあまり知られていませんが、1回の手術で何回も手術する必要がなく、半永久的に長いまつ毛を得ることができます。しかしやはり美容で手術となると、抵抗がある人も多くあまり一般的ではありません。植毛の手術は毛根がついた毛を1本1本針で植え付けていきます。移稙孔を開けたり、毛を植え付けたりします。費用はかなり高く60万から70万程となっています。

まつ毛美容液は効果あり?

まつ毛育毛剤の他にもまつ毛美容液を使っている方もいますが、まつ毛美容液というのはまつ毛自体を丈夫にするものであり育毛効果や発毛効果はありません。まつげ美容液は化粧品としての位置づけとなっており、成分を見てみると基礎化粧品とそれほど変わりがありません。まつげ美容液でまつげが伸びる、生えると期待している方も多いですがそれほど効果はないといっても良いでしょう。通常の化粧品としての位置づけであって毛が生えるような効果は認められていません。また、まつげ美容液を使用することで失明を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。詳しくは下記のページで説明しています。

まつ毛美容液で失明する?

まつ毛エクステ

まつ毛エクステ

まつげエクステが誕生したのは30年ほど前の話です。まつ毛の美容法の中では新しい技法となっています。日本では10年ほど前に進出してきてそこからまたたく間に流行が広がりました。最初は7本くらいのまつ毛状のものを自まつ毛2本に結びつてる感じでしたが、自まつ毛に対しての負担が大きく減ってしまうという報告が多かったため、今では違う方法でおこなっています。今現在一般的な方法として、毛先が細い人工のまつ毛を1本づつ装着する方法をとっており、まつ毛への負担を軽くことができています。まつげエクステは今では一般的に施されるようになりましたが、それでもオイルの化粧落としが使えなかったり、目をこすることができないなど問題点はたくさんあります。また目の充血や異常が起こるなどのトラブルも多くあります。

マツエクを長持ちさせる方法

まつ毛の長さ平均値

日本人は欧米人と比べるとまつ毛の長さにかなり差があります。欧米人のまつ毛の平均値は約8.1mm程度です。日本人の場合は約6.8mmと1.3mmも違う事が分かります。差があるといっても1mmだけと思いますが、たった1mmでも目の印象というのはかなり変わってきます。

また、長さだけではなく量や角度も違いがあります。日本人の平均が片方100本に対し、欧米人の場合は片方の平均120本です。20本も差があるとかなり印象を変えてしまいます。そもそもまつ毛にかぎらず日本人と欧米人には髪の毛にも本数の差があり、人種差がとても大きく出るものなのです。

まつ毛の角度というのはとても重要で、下向きよりも上向きの方が目が大きく見える効果があります。基準を90度とした時、日本人の場合は平均81度。欧米人の場合は平均102度とされています。ここから分かるように日本人は下向きです。それに対し欧米人は上向きとなっているので目が大きく見えるのです。

まつ毛を伸ばす栄養素

まつ毛を伸ばす栄養素

残念ながらピンポイントでまつ毛を伸ばす、濃く、太くするといった栄養素というのはありません。ですが、まつ毛も一種の体毛です。育毛効果のある栄養素を重点的に摂取することでまつ毛の育毛、保持に繋がると言えるでしょう。

L-シスチン

L-シスチンは体毛、爪といった末端部分のタンパク質を作り出す成分です。そのためまつ毛の育毛には当然のように効果を発揮し、その他にも肌を綺麗にしてくれたり老化防止といった効果もあります。L-シスチンは美容には必ずといっていいほど必要な栄養素と言えるでしょう。

L-シスチンが含まれている食材というのは牛肉や牛乳、鮭、オートミールや多くの小麦製品に含まれています。L-シスチンを多く摂りたいからといって牛肉ばかり食べるといったことせず、野菜を必ず取り入れるようにしましょう。まつ毛を伸ばす栄養素を多く摂るのは重要ですが、それ以前にバランス良く摂ることを心がけましょう。

メチオニン

メチオニンという成分は必須アミノ酸の1つとされており、食事からの摂取が必要です。まつ毛を含む体毛を構成するタンパク質のほとんどがケラチンです。ケラチンを構成するためにアミノ酸が必要となってきます。そのアミノ酸の材料となるのがこのメチオニンです。まつ毛を育毛する効果だけではなく、髪の毛を健康的にする効果もあるので女性の方なら欠かせない栄養素と言えます。

メチオニンが多く含まれている食材というのは鶏肉、牛肉、羊肉、カツオ、マグロ、牛乳、チーズ、ナッツ、豆腐などです。その他にもメチオニンが多く含まれている食材はありますが、取り入れやすいものといったらこのような食材になります。

ビオチン

ビオチンというのは水に溶けやすい性質を持っており、メチオニンによって作られたアミノ酸や脂質を分解したり、代謝してくれる役割を持っている栄養素です。ビオチンは筋肉や肝臓、腎臓、乳腺、消化管の中にたくさん存在しています。このビオチンが不足しているとアミノ酸からタンパク質を作ることがスムーズにいかなくなるほど重要な位置づけとされています。そのためタンパク質で作られる体毛、皮膚、粘膜の生成に影響が出やすいです。

ビオチンを多く含んでいる食材というのは魚介類、牛レバー、ヨーグルト、卵、大豆、ほうれん草などです。ほうれん草でビオチンを摂取する場合は調理方法に注意しましょう。ビオチンは水に溶けやすい性質を持っています。そのためほうれん草は茹でるよりもレンジで蒸したりする調理法がおすすめです。

亜鉛

亜鉛は血液や皮膚、肝臓、腎臓、骨、毛などの細胞にミネラル成分として存在しています。主な役割として体毛を作るために必要なタンパク質の合成を助けたり、皮膚や体毛の生え変わりを促進してくれます。そのため抜け毛の予防や体毛の成長を促進してくれます。

亜鉛が多く含まれている食材としてはカキ、豚レバー、牛乳、納豆などです。現代人は亜鉛が不足しがちと言われています。カキや豚レバーといった食材はあまり食べる機会もないので牛乳や納豆を食べて亜鉛を摂取するのがおすすめです。また、亜鉛のサプリメントもありますのでそちらを使うのも良いでしょう。

ポリアミン

ポチアミンは細胞分裂を促進したり、正常に新陳代謝を行ったりする役割を持っています。そのため、このポリアミンが不足していると細胞が老化してしまったりします。

ポリアミンが多く含まれている食材は鶏肉、チーズ、きのこ類、大豆発酵食品などです。

まつ毛を伸ばすための就寝時間

まつ毛を伸ばすためには就寝時間は気にかけた方が良いです。これはまつ毛に限った話ではないですが、22時~2時の間は成長ホルモンが多く分泌され、髪の毛が成長したり肌細胞が新しく生まれ変わったりしています。もちろんまつ毛もこの間に成長しています。

22時~2時の間に寝るだけでまつ毛を成長させるだけではなく、きめ細やかな肌を作ったり健康的な髪の毛を生成してくれるのです。

まつ毛が伸びる仕組み(ヘアサイクル)

まつ毛が伸びる仕組み(ヘアサイクル

まつ毛に限らず髪の毛など体毛には全てヘアサイクルというものがあり成長期、退行期、休止期の3つがあります。

成長期はまつ毛が生えてから成長する期間

退行期はまつ毛が成長を終えて止まります。そこから抜けるまでの期間

休止期はまつ毛が抜けてから新たなまつ毛が生えるまでの準備化期間といった感じです。

個人差もありますが、1日に平均して5本程度は皆抜けています。それも全てまつ毛が休止期に入ったということなので心配する必要はありません。

まつ毛の一般的なヘアサイクルとしては3ヶ月~4ヶ月程度です。髪の毛とは違いかなり短いです。3ヶ月~4ヶ月の中で成長期が約40日間、退行期が約14日間、休止期が約60日~90日間とされています。

成長期のまつ毛が伸びる長さというのは1日に0.1mm~0.18mm程度です。日本人のまつ毛の平均値は6.8mmなので成長期の日数とちょうど合いますね。

まつ毛を伸ばすメリット

まつ毛を伸ばすメリット

多くの女性に化粧をする時にどこを重点的にしていますか?と尋ねたとろこほとんどの人が目元と答えました。それは目の印象が変わるだけで女性のお顔自体の印象も異なってくるということをほとんどの人が理解しているからです。

海外セレブなどの顔にあこがれても根本的な作りが日本人とは違うので同じ顔にするのは少し難しい話ですが、目元をぱっちりとしたメイクをするだけでも近づけることはできるのです。まつげにマスカラを塗ったり、付けまつげや、エクステなど女性はまつ毛を伸ばす努力を行うのですが、それはやはり目元を大きく見せるためには必要な事となっています。しかし根本的にまつ毛自体が伸びたり、密度がアップすればこれらの努力をしなくても済むのです。

まつ毛を伸ばすメリットとして一番は目の印象を濃くできるという事です、さらに様々な手間もかからず、濃い化粧をしなくても大丈夫になります。他人にすっぴんは見せられなかったのがまつ毛が伸びたことによってすっぴんさえ自信を持てるようになるのです。まつげを伸ばすメリットは他にもたくさんありますが、化粧の手間が省けるという事も一つのメリットとなるでしょう。

まつ毛を短くする行為

まつ毛のヘアサイクルについて記述しましたが、生活習慣の乱れや加齢によってヘアサイクルが乱れてしまう事があります。基本的にまつ毛を含む全ての毛はヘアサイクルがあり、それを基準に成長し、抜けていきます。そのためこのヘアサイクルを整えて置かないとまつ毛を短くしてしまう事となるのです。

生活習慣の乱れ

まつ毛を短くしてしまう原因として一番大きく、一番改善しなければならないのがこの生活習慣の乱れです。まつ毛を伸ばすために必要な栄養素は説明しましたが、それも全てバランスの良い食事を摂りながらが基本です。そのため偏った食事ばかりしているとヘアサイクルが乱れてしまい結果的にまつ毛を短くしてしまう事に繋がります。

また、睡眠不足はまつ毛の成長を止めやすい傾向にあります。まつ毛の成長が止まってしまうとそのまま退行期、休止期に移行して抜けるだけです。しっかりまつ毛を伸ばしたいのであればしっかり睡眠はとるようにしましょう。

目元の血行不良

目元の血行不良というのはまつ毛にかなり影響を及ぼします。また、まつ毛だけでなくシワやたるみ、くすみといったものもほとんど起因します。目元の血行不良は加齢による影響が大きく、日々目元のケアをしていないと老化スピードも早まってきます。

まつ毛の毛根に通じている目元の血流がよければまつ毛にも栄養が十分に行き渡り活性化されます。そうなることでまつ毛のヘアサイクルも正常に働き長いまつ毛をずっと保持する事ができるでしょう。

まつ毛の乾燥

まつ毛というのは髪の毛と一緒で乾燥したり傷んだりしてしまい本来の長さへ伸びる前に抜けてしまったりします。特に冬場は乾燥しやすい状況にあるので保湿が大切となってきます。寒いから熱いお湯で洗顔したりしてしまうとまつ毛のハリやコシを消してしまう原因となりますのでぬるま湯で洗顔すると良いでしょう。

また、保湿するにはニベアや馬油、ワセリンなどを使うのが良いです。乾燥しやすい冬場にしっかり保湿してあげる事で長く太いまつ毛を保持することができます。

まつ毛・毛根へのダメージ

まつ毛は髪の毛と同じようにダメージを受ける事で抜けやすい環境を作ってしまいます。例えば目元をこする癖があったりする場合は刺激によりまつ毛がどんどん抜けてしまいます。出来るだけ目元をこすらないように目薬などを使用するようにしましょう。

普段からまつ毛を長く見せるためにつけまつ毛を使っている方も多いでしょう。ですが、つけまつ毛というのはまつ毛を傷める原因でもあります。ダメージがどんどん蓄積されていき、目元の老化にも繋がってきます。

まつげ以外の美容の悩み

まつげ以外の美容の悩み

「美しくありたい」これは女性であれば誰もが感じることで、ごく当然のことです。かの有名なココ・シャネルは「美しさは女性の武器であり、装いは知恵であり、謙虚さはエレガント」という名言を残しています。そうやはり女に生まれてきたからにはその特権である美というものを思う存分使うべきなのです。もちろん感性の相違から美容の悩みと言っても人それぞれ異なってきますし、様々な悩みがあります。

例えば痩せたい!!これは多くの人が望んでいる美ですがこの悩みに対しての解決法はたくさんあって実践できる人は中々いません。しかし痩せたいのであれば何かを実践しなければ痩せないのはだれでもわかっているのです。美容というイメージはお金がかかるととらわれがちですが、色々な高級品に手を出していればもちろんお金はかかかります。しかし、高いものが必ずしも良いものとは限らないのです。良いものを自分で見極める。これは美容に関する重要な課題となります。まつげ以外にもダイエット、むくみなどについて通販で購入する事ができる効果的な医薬品での改善方法をご紹介いたします。

肥満の悩み

肥満の悩み

ダイエットするならばだれでも確実性が高く、効果的なダイエットを試したいですよね。しかし中々その確実なダイエット=過酷なダイエットとイメージするのではないでしょうか?日本のテレビなどで肥満気味の女性を集めて3か月間ほどダイエットさせてだれが一番痩せたかを競う番組がありましたが、そのほとんどが食事をかなり制限していました。食べなければ痩せる→これはだれでも知っていますがこれを実践できる人は中々いません。よほどの根性やよほどの思いがなければ食事をほとんど食べないという生活は送ることができないのです。テレビという呪縛があったからこそ痩せれたという人もいるのではないでしょうか。

しかし普通の人はそうはいきません。何か自分にによほど縛りをつけないと激しい食事の節制や、運動などは難しいのがごく自然なのです。では簡単にできる効果的なダイエット方法はあるのか?となると実はあるのです。人間には医学というものがあります。医学的に肥満を解決できる方法は実はあるのです。欧米などは肥満問題が日本よりもかなり深刻となっています。国をあげて肥満対策をとらざる得ないのです。欧米などでは一般的に愛用されている効果的で医学的な治療薬にゼニカルがあります。

ゼニカルで肥満解消

ゼニカルで肥満解消

アメリカなどで肥満対策として扱われている医薬品がゼニカルです。別名脂肪吸収阻害薬とも言われていおり、食べた脂肪分の40%もカットし便として排出してくれます。ゼニカルは脂肪分の多い食事中心のアメリカなどで食生活を変えずに、体重を減らすことができるとして肥満治療などに役立っているのです。食事を変えることなく痩せることができるなんて夢のような薬ですが、ゼニカルは肥満大国だからこそ認められている医薬品で日本では実は未だ未承認なのです。

効果が高い方法だからこそ、慎重に扱わなければいけないという事ですね。日本でも現在肥満は徐々に問題となっており以前と比べると肥満率も高くなってきました。欧米の食文化なども当たり前のように日本に進出しており、ファストフードも子供の主食とさえなっているのです。ゼニカルは日本ではごく一部のクリニックなどで購入する事はできますが自費となっている為通販で購入する人が多くなっています。

ゼニカルの詳細はこちら ゼニカルのご購入はこちら

むくみの悩み

むくみは太っていもいないのにフェイスラインが丸みを帯びたり、はいていたブーツがはけなくなってしまったりなど身体的にマイナス面を与えてしまいます。特に脚や顔に出やすく、むくんでいると印象が大きく変わってしまいます。むくみは体内によぶんな水分がたまっていることで起こります。お酒を飲んだ翌日や、生理などでむくみやすく、マッサージやツボ押しなどもありますが、素人でははっきりとした効果を得る事が難しいとされています。

ラシックスでむくみを改善

ラシックスでむくみを改善

そんな方にお勧めなのがラシックスです。ラシックスは高血圧症や、心不全などでむくみがひどい時などに処方されるループ利尿剤です。服用することで30分ほどで尿意を催し余分な水分を排出してくれます。利尿剤の中でも強力な作用を持っておりほとんどの人がトイレがそばにないと困るくらいの尿が出るのです。余分な尿が排出されることで、むくんでいた部分がすっきりとするのです。むくみをとる器具や方法などはたくさんありますが、ラシックスほど強力な効果があるものはないと思われます。ラシックスは病院で処方されますがやはり美容目的では処方されることはありません。そのため通販で購入している人が多くなっています。

ラシックスの詳細はこちら ラシックスのご購入はこちら